おらしょ こころ旅

コルベ神父ゆかりの暖炉

2019年1月30日 公開

1-5-0

ポーランド出身のコルベ神父は、昭和5年に長崎に上陸し「聖母の騎士」を創刊。本河内に聖母の騎士修道院を設立しましたが、帰国後、ナチス軍に捕らえられ、アウシュヴィッツ収容所で死刑を宣告された1人の父親の身代わりとなって亡くなりました。今回は「身代わりの神父」として世界中に知られたコルベ神父ゆかりの地を訪ねます。

ルート紹介を見る
ルート紹介
ちゃんぽん発祥の店(1)

電停「大浦天主堂」で降りて南山手の方向へ歩き出すと、すぐに目に飛び込んでくるのがちゃんぽん発祥の店。さすがに貫禄あるなぁ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
ちゃんぽん発祥の店(2)

レストランは残念ながら満席だったので、2階の「ちゃんぽんミュージアム」へ。ちゃんぽんの歴史がわかりやすく展示されています。来店したいろんな文化人や有名人の興味深い記事もあり、ついつい見入ってしまいました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
日本のボウリング発祥の地の碑

記念碑のほとんどは石に文字を掘っているだけですが、この記念碑は可愛いデザインで、観光客の目にも止まります。それにしても、長崎は○○発祥の地が多いですね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
グラバー通り

お土産屋さんが立ち並ぶ大浦天主堂下の坂道。居留地時代の雰囲気を伝えています。プティジャン神父も大浦天主堂を眺めながらこの坂道を歩いたんでしょうね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
聖コルベ館(1)

大浦天主堂へ登る坂道の途中、右側の路地に建つ「聖コルベ館」。ここは、コルベ神父が借りた洋館があった場所で、聖母の騎士信心会の日本支部が開設され、「聖母の騎士」誌の出版作業が行われた場所です。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
聖コルベ館(2)

当時の洋館は火災によって焼失してしまいましたが、店の奥に進むと、焼け残った赤レンガの暖炉(長崎市の南山手伝統的建造群に指定)がそのまま展示されています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
聖コルベ館(3)

コルベ神父についての資料もわかりやすく展示されてありました。目立たない場所にありますが、コルベ神父の足跡をたどる貴重なスポットだと感じました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ