おらしょ こころ旅

かつての宿場町、東長崎地区を訪ねて②

2017年5月10日 公開

5-2-3_かつての宿場町、東長崎地区を訪ねて2

先週訪ねた東望地区から約3キロ離れた古賀地区も、かつてはキリスト教が盛んだったところ。ルイス・フロイスの「日本史」には、1593年頃には全住民がキリシタンであったと書かれています。

ルート紹介を見る
ルート紹介
古賀の藤棚

ここは、かつて長崎街道を通る旅人が休憩をとっていた場所。今回は、藤の花の見頃には少し早くて残念でしたが、毎年、ゴールデンウィーク頃に満開を迎えるそうなので、またその頃に足を運んでみましょう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
古賀人形の工房(1)

藤棚のある場所は、1592年(文禄元)から古賀人形を制作している小川家のご自宅。現在、制作を行っているのは19代目の小川憲一さんです。裏の工房では、見学および古賀人形の購入(注文)ができます。

住所 長崎市中里町1533
電話番号 095-838-3869
URL
料金
営業時間
休日
徒歩
古賀人形の工房(2)

西洋婦人や阿茶さん(中国人)、オランダさんなど、長崎の歴史や文化をテーマにした人形の中に、なんと、マリア観音(写真中央の茶色の人形)の古賀人形もありました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
3分
福瑞寺

1570年頃はキリスト教の教会堂や伝道所などがあったという古賀村。しかし禁教令によってキリシタンへの弾圧がなされました。ここ福瑞寺は、キリシタン撲滅のために建立されたお寺です。

住所 長崎市古賀町849-1
電話番号 095-829-1271
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
キリシタン墓碑

福瑞寺の境内の奥にカマボコ型のキリシタン墓碑が大切に残されています。古賀にキリスト教が栄えた当時のものと推察され、側面には花十字紋がうっすらと確認できます。貴重かつ、とってもきれいな墓碑、一見の価値ありです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
1分
古賀街道

旧長崎街道の中でも、昔の風情を感じる古賀街道跡。現在は、植木の町として知られる古賀地区、
さすがにどのお宅もりっぱな植栽が目立ちます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
2分
古賀殉教之碑

八郎川沿いの田園に囲まれた風景の中に立つ殉教碑。2010年に建立された新しい碑です。古賀地区出身の殉教者の名前が書かれた銘板もあり、3人の福者が含まれています。古賀地区に篤い信仰が根付いていたことがわかります。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
3分
饅頭屋さん

旧街道沿いにある饅頭屋さん。甘酒まんじゅうや黒糖まんじゅうがおいしいと評判なので買いたかったのですが、残念ながら定休日(火曜)でした。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
すぐ
役行者(えんのぎょうじゃ)神社

役行者(えんのぎょうじゃ)神社という珍しい名前の神社。案内板によると、ここはかつて「楠川の渡し」と呼ばれていた場所で、旧長崎街道はこの神社付近から、川の飛び石を渡って川向いを通っていたそうです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ