おらしょ こころ旅

キリシタンをまつった枯松神社

2016年7月27日 公開

ぶらり旅(92)キリシタンをまつった枯松神社_ph6

遠藤周作(えんどうしゅうさく)文学館から車を走らせ、映画「母と暮らせば」のロケが行われた黒崎(くろさき)教会へ。そこから外海(そとめ)総合公園の上にある枯松(かれまつ)神社に向かいました。途中にあった祈りの岩がとても印象的でした。

ルート紹介を見る
ルート紹介
長崎市遠藤周作文学館

道の駅から見た遠藤周作文学館。手前の緑と建物の白、角力灘(すもうなだ)の青が美しく溶け合っている。展示品で興味を引いたのが書歳コーナーにあった愛用の机。遠藤周作が執筆のときに使っていたものだが、実にいい風合いだった。

住所 長崎市東出津町77
電話番号 0959-37-6011
URL
料金 一般360円、小中高生200円
営業時間 午前9時から午後5時まで
休日 年末年始(12月29日から1月3日まで)
7分
黒崎教会

1887年に小教区として独立後、信徒たちが資金を積み立て1920年に完成した教会堂。ゆるやかな曲線を描くリブ・ヴォールト天井(こうもり天井)、美しいステンドグラスが印象的だ。

住所 長崎市上黒崎町26
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
枯松神社の案内板

外海総合公園の駐車場に車を止め、しばらく歩くと案内板があった。これによると、枯松の山頂は潜伏キリシタンがひそかに集まってオラショを唱えた場所らしく、明治時代に入ると、信徒たちは神社を建てて日本人指導者バスチャンの師であるサン・ジワンをまつったという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
参道

矢印に従って参道を歩いていく。やはりキリシタンが潜伏した場所だけあって木々に囲まれていてとても静かだ。ただ鳥の声だけがあたりに響いていた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
祈りの岩

参道の途中にあった祈りの岩。潜伏キリシタンたちはこの岩かげにひそんでオラショを唱えていたという。この周辺にはいくつかの大きな岩があるが、岩と地面のすきまにちょうど人が入れるくらいの空間がある。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
枯松神社

現在の社殿は、1938年に建てられた旧社殿の老朽化により2003年に全面改装されたものだという。社殿右側の敷地には板石を伏せて置いたキリシタン墓碑が残っていた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ