おらしょ こころ旅

開拓地に建つレンガの教会堂

2017年6月21日 公開

今回は、鉄川与助の教会建築の集大成とも言われる田平天主堂を訪ねました。天主堂が建つ瀬戸山地区は、1886年以降、黒島や外海から移住した信徒たちによって開拓された場所です。

ルート紹介を見る
ルート紹介
道の駅 昆虫の里たびら(1)

国道204号沿いにある道の駅で、巨大なカブトムシのモニュメントが目印です。昆虫の里でもある田平らしいですね。平戸市の観光パンフレットやマップもここでゲットできます。

住所 平戸市田平町深月免521
電話番号 0950-57-0144
URL http://www.hira-shin.jp/station-tabira/
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
道の駅 昆虫の里たびら(2)

平戸のお土産や特産品、農水産品を販売する物産館。平戸名物の川内かまぼこやアゴなども各種揃っています。夏季には、カブトムシやクワガタなどの昆虫類も販売するそうですよ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩
道の駅 昆虫の里たびら(3)

水彩画で植物や昆虫、風景を描いたしおりやポストカードがたくさん販売されていました。教会堂の風景を描いたものも人気だそうですよ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
たびら昆虫自然園

田平天主堂に向かう途中にある施設。4.1ヘクタールの広い敷地に日本の原風景と言える小川や雑木林、里山の環境を再現しているのだそうです。昆虫が好きな方や子ども連れの方におすすめです。

住所 平戸市田平町荻田免1628-4
電話番号 0950-57-3348
URL http://www.hira-shin.jp/tabira-insect-park/
料金 幼児150円、小中学生300円、大人・高校生410円
営業時間 9時〜17時
休日 月曜・年末年始休館
4分
田平天主堂と麦畑

田平天主堂のすぐ近くにある麦畑。ここからの景色はヨーロッパの片田舎に来たような、絵になる風景です。八角形のドームも可愛い! もともと原野だった土地を、信徒たちが長い年月をかけて開墾し、このような豊かな大地になりました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
すぐ
田平天主堂(1)

駐車場から天主堂へ。まず最初に目に入ってくるのが、田平天主堂の後ろ姿。歴史を秘めた重厚感があります。何度見てもかっこいいですね。丸い部分は教会の祭壇の部分です。

住所 平戸市田平町小手田免19-19
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
田平天主堂(2)

レンガ積みの手法は英国式、色が違うレンガの組み合わせも特徴で、深みのある印象。外から見ても素晴らしいですが、中に入ると、リブ・ヴォールト天井やステンドグラス、花の装飾など、さらに見どころがいっぱいです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
田平天主堂(3)

教会堂が立つ敷地から階段を下ったところにあるルルド。この地に信徒が移住して100年目を記念して1986年に造られたものです。その後1990年に洞窟や聖ベルナデッタの像などが整備されたそうです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
瀬戸山墓地

田平天主堂のすぐそばには歴代の信徒たちが眠るキリシタン墓地「瀬戸山墓地」があります。教会堂建築に奮闘した中田藤吉神父もここに埋葬されています。天気が良い日は、海に沈む夕日が天主堂や墓地をオレンジ色に染めます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ