おらしょ こころ旅

「じんざえもん焼」を味わって時津教会堂へ

2016年8月10日 公開

ぶらり旅(94)「じんざえもん焼」を味わって時津教会堂へ_ph5

農産物から民芸品、実用品まで多彩な商品が揃った農産直売所を訪れ、「じんざえもん焼」というおいしい回転焼を味わい、時津(とぎつ)教会堂に向かいました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
農産物直売所(1)

農産物直売所の店内にはさまざまな商品が並んでいた。写真の右手下はショウガ、その向こうはカボチャやナスなどの野菜、その奥には五島の塩、左手には日よけ帽子や腕カバーといった農作業のための商品も。幅広いラインナップだ。

住所 西彼杵郡時津町浜田郷
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
農産物直売所(2)

店内から入口のほうを見てみると、野菜がのった丸いテーブルの向こうの棚には「かっぱさん」「地蔵さん」と書かれた民芸品、その下には米ぬか、卵も「地どり」と「フランスガモ」がある。空いているスペースにはこれから地元の人々がいろんなものを持ち寄るのだろう。ユニークなお店である。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
農産物直売所(3)

店の左側に「じんざえもん焼」と書かれた看板を見つけた。その下には小さく「回転焼」とある。ベンチがあるということはここで購入し、ベンチに座って食べる人も多いのだろう。「じんざえもん焼」には黒あん、白あん、クリームの3種類があるという。1個80円、黒あんを購入した。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 1分
じんざえもん焼(1)

車に戻って包みを開けてみるとこんな感じ。「長崎甚左衛門(ながさきじんざえもん)」にちなんだ回転焼だから「甚」の刻印でも入っているのかと思いきやこのシンプルな姿。でも、だんだん香ばしさが漂ってきた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
じんざえもん焼(2)

たっぷり入った黒あんはほどよい甘さ、 外の皮は柔らかすぎず固すぎず、パリパリ感もあってうまい! あっというまに食べてしまった。今度来たときは白あん、クリームも買ってみよう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
時津教会堂

ニュータウンの造成に伴い1979年につくられた時津教会堂。鉄工所の鉄骨を生かした建物で、その低い屋根はとんがり屋根が多い教会堂のなかでちょっと珍しい存在かもしれない。近年改修されたのか、白い壁と赤い屋根のコントラストが美しい。

住所 西彼杵郡時津町浜田郷606-1
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ