おらしょ こころ旅

諫早川を散歩して教会堂へ

2019年5月1日 公開

5-1-0

諫早は佐賀藩だったこともあり、歴史的にはキリスト教は根付いていませんが、昭和に入り宅地開発がされニュータウンができたことで信徒の数も増え、1932年に諫早小教区が創立され、1983年に現在の聖堂が改築・献堂されました。諫早の中心部の高台にあり、敷地からは諫早の街並が一望できます。

ルート紹介を見る
ルート紹介
本明川(1)

諫早市の中心部を流れる本明川は、県内唯一の一級河川で諫早湾に注がれています。1957年の諫早豪雨で甚大な被害を出したため、大規模な河川整備が行われました。現在では水害が起こったことが信じられないような穏やかな川です。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
本明川(2)

河川整備が行われた川には両脇に遊歩道が設けられ、市民の憩いの場所になっています。この日も散歩している方がたくさんいましたよ。飛び石があるのも風情がありますね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
本明川(3)

この橋がある場所に、現在諫早公園にある眼鏡橋が架かっていたそうです。諫早大水害の際、眼鏡橋が流木をせき止めたことで本明川が氾濫し、市中心部に濁流が押し寄せたといわれ、水害後、眼鏡橋は現在の諫早公園に移築されました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
うなぎ屋さんでランチ(1)

せっかく諫早に来たので、本明川沿いのお店で諫早名物のうなぎ堪能することに。駐車場には県外ナンバーの車もちらほら。やはり諫早のうなぎは県外でも有名なんですね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
うなぎ屋さんでランチ(2)

新メニューでしょうか、うなぎの蒲焼きと大きなだし巻玉子が豪快にのった1日10食限定の「鰻福丼(まんぷくどん)」。蒲焼きはもちろん美味しいのですが、厚くて薄味のだしが効いた玉子焼きも絶品。名前の通り、満腹になりました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 20分
諫早教会堂(1)

本明川沿いからゆるい坂道をのぼること20分、三角の形が特徴の近代的な諫早教会堂に到着。少し高台なので眺めも良く、とても気持ちのいい教会堂です。堂内は美しいステンドグラスが施され、神聖な空気が漂っていました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
諫早教会堂(2)

諫早教会堂の保護者は、日本二十六聖人の一人、パウロ三木。入口には羽織袴姿のパウロ三木の像が置かれています。手に十字架を持ち、凛々しい立ち姿と鋭いまなざしがが印象的でした。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ