おらしょ こころ旅

祈りのゾーンをめぐる

2015年10月7日 公開

ぶらり旅(51)祈りのゾーンをめぐる_ph3

平和公園から原爆落下中心地を訪れ、長崎原爆資料館へ。原爆の凄惨(せいさん)さと平和の尊さを実感しながら祈りのゾーンをめぐります。

ルート紹介を見る
ルート紹介
平和公園

平和公園には世界各国から贈られたモニュメントが設置されている。写真はアメリカのセントポール市から寄贈された「地球星座」という作品。7つの大陸をあらわす7人の人間で平和と連帯を表現しているという。

住所 長崎市松山町
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 7分
原爆落下中心地公園

原爆落下中心地公園に行くと、平和公園から移動してきた外国人観光客が中心碑を取り囲むようにしてカメラを向けていた。修学旅行生だけではなく、このように世界中の人々に訪れてほしい場所である。

住所 長崎市松山町
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
浦上天主堂遺壁

平和学習の一貫だったのだろうか、小学生の頃はよく原爆落下中心地を訪れてこの遺構をスケッチした。隅々にまで目をこらして描いた絵はもうどこかにいってしまった。今ならもっとうまく描けるのだろうか。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
銘板

そばに設置された銘板によると、この遺壁は原爆によって破壊された聖堂の南側の一部で、1958年(昭和33年)にこの地に移築されたものだという。当時はこの遺構が原爆落下中心地のシンボルだった。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
平和の母子像

原爆落下中心地地区は「祈りのゾーン」と位置づけられていて、長崎原爆資料館に続く道の周辺には多くの碑や像が設置されている。ここは原爆の凄惨さと平和の尊さを実感する学びの道ともいえる。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
長崎原爆資料館

1955年(昭和30年)につくられた長崎国際文化会館の老朽化にともない、1996年(平成8年)、展示内容を一新して建て直された長崎原爆資料館。久しぶりに訪れることができた。

住所 長崎市平野町7-8
電話番号
URL http://nagasakipeace.jp/japanese/abm.html
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ