おらしょ こころ旅

稲佐教会堂界隈を歩く

2016年2月17日 公開

ぶらり旅(69)稲佐教会堂界隈を歩くph2

淵(ふち)神社から稲佐(いなさ)教会堂へ。坂のまちならではの風景を楽しみ、昔ながらの商店街を歩き、心なごむひとときを過ごしました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
桑姫神社

桑姫(くわひめ)様の命日が旧暦の七夕の日であることから縁結びの神様としても知られている桑姫神社。「末吉」と出たおみくじのことはすっかり忘れて次に稲佐教会堂へと向かった。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
稲佐教会堂

稲佐公園を過ぎ、稲佐小学校横の坂道を上って行くと、そびえ建つ稲佐教会堂が見えてきた。1950年、中町教会の巡回教会として聖堂を建設したが、1962年に稲佐小教区が誕生。1971年、現在地に再建されたという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
教会堂正面玄関

あいにく門が閉まっていたため教会内に入ることはできなかったが、入口横の案内板によると、定期的に子どもたちを対象とした教会学校も開かれているようだ。周辺は道幅が狭いため、多くの信徒の皆さんは徒歩で通っているという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
間近に見える稲佐山

視線を左に移すと、そこには稲佐山の山頂が・・・。稲佐山をこんなに近くで見たのは初めてかもしれない。夏の音楽イベントのときはこのあたりまで演奏が聞こえてくるのだろうなぁ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
坂のまちの風景

稲佐教会堂から見下ろすと、長崎らしい坂の風景が広がる。八千代(やちよ)町付近にある二つのガスタンクの向こうには浜平、立山方面のまち並みが見える。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 3分
稲佐中央通り商店街

坂道を下りて右に曲がると、昔ながらの商店街があった。以前ほどの賑わいはないのだろうが、地域の人々にとっては大切なコミュニティ。八百屋さん、精肉店、美容院、洋品店、仕出し屋さんなどが並ぶ通りに銭湯があった。心がなごむ風景である。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ