おらしょ こころ旅

二つの殉教地を訪ねて

2016年8月24日 公開

ぶらり旅(96)二つの殉教地を訪ねて_ph2

時津(とぎつ)町の日本二十六聖人上陸の地から鷹島(たかしま)殉教地へ。さらに長与(ながよ)町を通って長崎(ながさき)市川平(かわびら)町の「千茶ノ木橋(ちちゃのきはし)」下の難河原(なんごら)殉教地を訪れました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
日本二十六聖人上陸の地

時津港にある日本二十六聖人上陸の地の案内板には、時津に着いた夜から翌日のことがこう記されている。「雪の夜の寒さ、それに飢え疲れにたえながら、舟の中で一夜をすごし、翌二月五日は早朝 長崎に向かい、午前中には刑場の西坂(にしざか)に着き十字架にかけられた」。残忍で過酷すぎる旅だった。

住所 西彼杵郡時津町浦郷
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
鷹島殉教地

琴ノ浦(ことのうら)海水浴場の前に浮かぶ鷹島(たかしま)は、1617年、公然と説教を行っていたナバレテ神父とエルナンド神父が処刑された島。祭壇のレリーフには自らが切られる刀を求め、それに接吻して頭上にいただくエルナンド神父が描かれているという。

住所 西彼杵郡時津町日並郷
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
袋がけされたぶどう

時津町の家々の庭でよく見かけるのが、ていねいに袋がけされたぶどう。時津町はぶどうの生産がさかんなのだろうかと思い、町のホームページを見てみると、主な特産品として「とぎつまんじゅう」の次に「巨峰(ぶどう)」と書かれていた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
15分
おしゃれなカフェ

時津町から長与町に向かい、県立大学シーボルト校のそばにあるおしゃれなカフェで昼食をとることにした。お昼どきとあって店内はお客さんでいっぱい。おいしいオムライスをいただきました。ごちそうさまでした!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
15分
千茶ノ木橋

平戸(ひらど)松浦(まつら)家の重臣パウロ原田善左衛門は、キリシタンを排斥する平戸を逃れて木場(こば)に移り住み、信仰を広めていたが、やがて大村(おおむら)藩に捕えられ、この橋の下で処刑されたという伝承がのこっている。

住所 長崎市川平町
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
難河原殉教地

パウロ原田善左衛門が処刑された千茶ノ木橋下の河原は難河原殉教地と呼ばれており、近くで見つかった遺骨はその伝承から三ツ山(みつやま)教会堂の殉教者顕彰碑に納められたという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ