おらしょ こころ旅

舟森集落跡を散策する

2015年6月10日 公開

ぶらり旅(34)舟森集落を散策する_ph7

足元に気をつけながら急な斜面をおりて舟森(ふなもり)集落跡を散策。小学校の分校跡、教会跡、炊事場跡やさまざまな品々・・・。50年前の暮らしが想像とともによみがえってきます。

ルート紹介を見る
ルート紹介
舟森集落跡

急斜面の集落跡には、人々の生活を支えただんだん畑の跡が広がっている。石垣が崩れているのはイノシシが掘り起こしたせいらしい。今も変わらないのはその向こうに広がる青い海だけなのだろう。

住所 長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
小学校分校跡

石や瓦(かわら)の破片が散乱するこの場所は小学校の分校跡らしい。決して広いとはいえない敷地にはきっと素朴な木造の校舎が建っていて、集落の子どもたちが元気に学び遊んでいたのだろう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
集落跡の石垣

斜面をおりて下から見上げると、ていねいに積み上げられた石垣があちらこちらに残っているのがわかる。誰もいない台地を包み込むように広がる空。その青さがよりわびしさを感じさせる。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
十字架が刻まれた野石

先を歩いていた小値賀(おぢか)町役場のHさんが何気なくころがっていた野石を持ち上げてひっくり返した。その裏には十字架の形と「天地」の文字が・・・。小値賀町歴史民俗資料館で見た拓本はこれだったのだ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
炊事場の跡

下を見ながら注意深く歩いていると、炊事場の跡や、生活で使っていた器具の一部などを見つけることができる。集落の人々が集団離村したのは1965年。それから今日までさまざまなものが埋没してしまったのだろう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
旧瀬戸脇教会跡

旧野首(のくび)教会同様、舟森集落にも1882年に教会が建てられた。それがこの場所にあった旧瀬戸脇(せとわき)教会。現在、教会の建物は大島(おおしま)に移築され、その裏手にあった司祭館は小値賀島に移され、小値賀教会となっている。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
白い十字架の碑

さらに斜面をおりていくと、海に向かって建つ白い十字架が見えてくる。その下には舟森郷の起源と、碑を建立した想いを記した。「舟森郷縁起」という案内板がある。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ