おらしょ こころ旅

針尾瀬戸を眺めて早岐へ

2017年12月6日 公開

12-1-0

佐世保市の東南部にあり、昔から交通の要衝として栄えて来た早岐。2014年にJRの駅がリニューアルして以来、ますます便利な街になっています。今回は、そんな早岐に昭和30年代に創建された教会堂をたずねてみました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
西海の丘展望台(1)

長崎から西海橋経由で早岐へ。日本遺産にもなった「針尾送信所」を見たくて展望台へ。駐車場から5分ほど登るので軽い運動になります! 周辺の芝生広場は、散歩するのに良さそうです。

住所 西海市西彼町伊ノ浦郷
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
西海の丘展望台(2)

ここから見えるのが日本遺産「鎮守府」の構成資産にもなっている針尾送信所。天を突くようにそびえる3本のコンクリート柱は、高さ136m、基底部の直径約12m、旧日本海軍が総工費155万円(現在のお金で約250億円!)を費やして建設したそうです! 右手には、新旧二大西海橋も一望できます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
6分
西海橋近くの直売所

西海橋の大型駐車場内にある直売所をのぞいてみると、新鮮なお魚がたくさん売られていました。その中にはタイやブリなど旬の魚はもちろん、カキや伊勢エビの姿も!水産加工品のほか、お菓子やお茶なども販売しています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
3分
西海橋近くの食事処

新鮮なお魚を見たら魚料理が食べたくなり、近くのいか専門店の食事処で刺身定食をいただきました。個室スタイルで、定食メニューが豊富。感じのよいお店でした。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
20分
早岐駅

お腹がいっぱいになったところで、早岐へ。数年ぶりに来てみたら、早岐駅が見違えるようにきれいになっていました。周辺にお店も増えて、以前より街の雰囲気が明るくなった気がします。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
給水塔跡(1)

新しくなった早岐駅のすぐそばに、古い煉瓦の建物を発見! 説明板を読むと、1897年(明治30)に早岐駅が開業した頃にできた旧給水塔だそうです。珍しいですね! これも日本遺産「鎮守府」の構成資産の一つに認定されています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
給水塔跡(2)

この給水塔、高低差を利用して蒸気機関車に急速に給水するための施設で、かつては上部に鋼製の水槽が設置されていたそうです。今は役目を終えて、早岐駅を静かに見守っています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
6分
早岐教会堂(1)

早岐瀬戸に架かる観潮橋の近くにある早岐教会堂。マリア様が優しく迎えてくれました。この地は、かつて、平戸街道が通っていた場所だそうで、教会堂横の道路には当時の石畳(写真の左下部分)が今も残っています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
早岐教会堂(2)

裏に回ると、きれいなルルドがありました。脇には、ルルドで聖母マリアに会ったという娘ベルナデッタについての説明板が設置されています。すごく詳しく書かれてあり、教会堂でよく目にするルルドの意味がよ〜くわかりました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
みかんカステラのお店

教会堂の正面にケーキ屋さんがありました。店名は「ノア」。ノアの方舟から付けたのかな? 看板商品の「みかんカステラ」とシュークリームを購入。どちらも美味しくて、旅の疲れが癒されました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ