おらしょ こころ旅

原城跡を堪能する

2015年12月9日 公開

ぶらり旅(60)原城跡を堪能する_ph5

西有家町(にしありえちょう)から南有馬町(みなみありまちょう)に入って原城(はらじょう)跡へ。ずいぶん昔に出場したロードレースのことを思い出しながらめぐった広大な城跡——そこは農業を営む人々の暮らしの場でもあったのです。

ルート紹介を見る
ルート紹介
有明海

西有家町須川(すかわ)から眺める海はおだやかで美しい。そういえば須川はそうめんのまち。市役所のそばにはそうめん料理専門の店もある。今度訪れたときの昼食はそれにしよう。

住所 南島原市西有家町須川
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
15分
原城跡

本丸前に向かう風景を見ながらふと思い出したことがあった。20年以上も前だろうか、原城跡を走る10kmのロードレースに出場したことがあった。たしか寒い時期だったが、澄み切った空気のさわやかさは今もしっかりと覚えている。

住所 南島原市南有馬町
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
案内板

原城は1598年から1604年にかけて有馬氏によって築かれた城で、島原・天草一揆(しまばら・あまくさいっき)の舞台だったことでもしられている。ここを訪れる多くの人々が案内板の左側にある池尻口から城跡を見てまわるが、今回は案内板の右側からめぐってみよう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
ホネカミ地蔵

案内板のすぐそばにあるお地蔵さん。1766年、島原・天草一揆で亡くなった人々の骨を敵味方関係なく拾い集めて供養したという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
本丸跡

世界遺産登録に向けて着々と準備が進んでいるのだろう。本丸跡は以前訪れたときよりもきれいに整備されている。城跡からは十字架やメダイなど、キリシタン遺物が多数発見されているという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
城跡の桜

原城跡は桜の名所としてもしられているが、この陽気のせいで季節を間違えたのだろうか。あちこちで桜の花が愛らしい姿を見せていた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
三体の石像

本丸跡を海側に歩いていくと、金網フェンスの向こうに三体の石像があった。パンフレットなどでよくみかける光景・・・ここだったのかと思わずシャッターを切る。海を眺めながらたたずむ後ろ姿が悲しい歴史を物語っているようだ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
二ノ丸跡

それにしても原城跡は広い。二ノ丸跡には現在も農地として利用されている場所が多くあるという。世界遺産のなかに仕事場があるというのはどんな感じなのだろうか。ここで作物をつくっている農業者の皆さんにきいてみたい気がする。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ