おらしょ こころ旅

二つの小さな教会堂

2016年3月9日 公開

ぶらり旅(72)二つの小さな教会堂ph3

神ノ島(かみのしま)教会堂から北上して次の目的地へ。長崎が開港する前の1565年にポルトガル船が入港した福田(ふくだ)方面に向かい、二つの小さな教会堂を訪れました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
岬の聖母

遠くから眺めていたときの印象とは異なり、近くで見ると意外にも頑丈そうでたくましい姿をしていた。実はこの聖母像は二代目。初代は1948年に建てられたが、風雨にさらされて傷みがひどかったため、現在のものに建て替えられた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
神ノ島教会堂

神ノ島教会堂は白亜の教会として知られているが、実は煉瓦(れんが)造りの聖堂で表面に煉瓦を見せないペンキ吹き付け仕上げになっている。岬の聖母が立つ岩から見ると背後の山の緑にその白がよく映えている。

住所 長崎市神ノ島町2-148
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
15分
福田教会堂(集会所)

小浦(こうら)町の集合住宅が建ち並ぶ小高い丘の一角に福田教会堂(集会所)がある。1995年、飽ノ浦(あくのうら)教会堂の付属施設、子どもたちの信仰教育の場として建てられたが、定期的にミサが行われるようになり、1999年に巡回教会となったという。

住所 長崎市小浦町59-2
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
福田教会堂正面

民家のような造りの福田教会堂。正面にまわると、玄関横にマリア像が飾られていた。残念ながら建物のなかに入ることはできなかったが、信徒の皆さんはこのマリア像を見ただけで心やすらぐ思いがするのだろう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
岳教会堂そばの風景

福田本町のゴルフ場のそばで季節を感じる風景に出会った。右側の小さな赤い花はやぶ椿(つばき)、奥の黄色い柑橘類はハッサクだろうか。この隣の敷地に岳(たけ)教会堂がある。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
岳教会堂

1905年、外海(そとめ)の牧野(まきの)郷の移住者がこの地を開拓したのが始まりで、当初は大浦(おおうら)、神ノ島、中町(なかまち)などの教会に通っていたという、1956年に飽ノ浦小教区の巡回教会となり、1970年に現在の教会堂が建てられた。

住所 長崎市福田本町477
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ