おらしょ こころ旅

淵神社でおみくじ

2016年2月3日 公開

ぶらり旅(67)淵神社でおみくじph5

数多くのキリスト教関連遺跡がある長崎市。そのなかでも珍しいのがキリシタンをまつった神社。今回はその桑姫(くわひめ)様ゆかりの淵(ふち)神社を訪れました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
大石燈篭

駐車場から神社の敷地内に入ると、右手に大きな石の燈篭(とうろう)があった。案内板によると、この大石燈篭は1693年に長崎奉行が寄進したもの。淵神社参道前の海中にあったらしく、船で参拝する人のために燈台の役割を果たしていたという。案内板の「長崎名勝図絵」にも当時の石燈篭と海に面した様子が描かれている。

住所 長崎市淵町8-1
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
淵神社の拝殿

淵神社は約380年前に開かれた由緒ある神社。まだ年明けの1月とあって立派な拝殿にはお参りする人が次々に訪れていた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
おみくじを結んでください

拝殿の前には参拝に訪れた人々が結んだおみくじがいっぱい。どうかみなさんの願いがかないますように・・・。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
おみくじ

お参りを済ませたあと、今年1年の運勢を占っておみくじをひいてみることにした。おみくじは「開運みくじ」「恋みくじ」「英文みくじ」、そしてこの写真には映っていないが拝殿の左側には「ひめみくじ」があった。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
大吉

同行してくれた男性職員Kさんが引いたのは、なぜか「ひめみくじ」。期待いっぱいに開いてみるとこれが見事に「大吉」。「貴女のひめ度 80%」はともかく大吉はうらやましい!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
末吉

一方、私がひいた開運みくじは「末吉」。願い事は「他人にさまたげられる恐れあり」、待ち人は「来るがおそい」、失せ物は「出るともおそい」などなど。この1年は何事も慎重に!ということなのだろう。頑張ります。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ