おらしょ こころ旅

ド・ロ神父が眠る野道共同墓地

2016年7月13日 公開

ぶらり旅(90)ド・ロ神父が眠る野道共同墓地_ph2

バスチャン屋敷跡から車で南下して野道(のみち)共同墓地へ。約10年をかけて造られた急斜面の墓地の一角に眠るド・ロ神父。地元の自然石を使用した階段を登って大きな十字架のある場所まで向かいます。

ルート紹介を見る
ルート紹介
バスチャン屋敷跡

信仰を守り続けるために欠かせないキリシタン暦(日繰(ひぐ)り)を伝え、キリシタンに希望を与える予言を残したバスチャンは、ここでどんな暮らしをしていたのだろうか。

住所 長崎市新牧野町1397-1
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
7分
野道共同墓地

バスチャン屋敷跡から南下してくると、出津(しつ)小学校の近くに野道共同墓地があった。1898年、ド・ロ神父が造成した出津教会信徒の共同墓地で、急傾斜のため工事は難航し、完成までに約10年を要したという。

住所 長崎市西出津町
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
ド・ロ神父の墓碑(1)

共同墓地の入口にド・ロ神父の墓があった。もともとド・ロ神父の亡骸(なきがら)は墓地の中央にある十字架の近くに埋葬されているが、多くの人々が神父の墓を訪れ、命日にはミサなども行われるため、1990年に神父の墓碑を新たに建立したという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 3分
共同墓地の階段

共同墓地の斜面に設けられた階段にも地元の自然石、が使用されている。信徒たちがひとつひとつ積み上げたのだろう。風情ある階段はずっと上まで続いている。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 3分
大きな十字架

階段をしばらく登っていくと大きな十字架があった。ド・ロ神父自身がフランスから取り寄せて設置したもので、共同墓地のシンボルにもなっている。この近くにド・ロ神父は眠っている。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 1分
ド・ロ神父の墓碑(2)

ド・ロ神父は、高齢になってから大浦(おおうら)の司教館で静養生活を送っていたが、新しい司教館の建設中に現場から足を踏み外して落下。そのことがきっかけで亡くなってしまったという。そして遺言により神父の遺体はここに埋葬された。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ