おらしょ こころ旅

深堀教会堂から菩提寺まで

2016年11月16日 公開

ぶらり旅(108)深堀教会堂から菩提寺まで_ph6

深堀(ふかほり)教会堂、深堀陣屋跡のアコウの木を訪ねたあとは、美しい水路に導かれるように深堀のまちをぶらり。どこをどう歩いてきたのかは定かではないけれど、たどりついたのは由緒ある菩提寺(ぼだいじ)でした。

ルート紹介を見る
ルート紹介
深堀教会堂

深堀鍋島(なべしま)家の陣屋跡を買い取ってつくられた深堀教会堂からは、長さ 40〜50cm、幅60〜80cmの平らな石を並べてつくった石列が発見されている。蔵など重量のある建物の土台ではないかと推定されている。

住所 長崎市深堀町5-292
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
聖母と羊飼い

深堀教会堂の敷地内には、聖母と羊飼いの像が設置されている。ポルトガルのファチマ村の3人の兄弟の羊飼いの前にあらわれた聖母がメッセージを与えているシーン。ひざまずいて聖母を見上げるその姿がなんとも愛らしい。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
深堀教会堂からの風景

教会堂からは数基の巨大なクレーンが見える。深堀地区が造船のまちとして発展してきたことを物語る光景である。視線を左に移せば、日本の近代化を支えた軍艦島(ぐんかんじま)がうっすらと海に浮かんでいた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 1分
深堀陣屋跡のアコウ

深堀教会堂の下には市指定天然記念物のアコウの木がある。巨樹とはいえないもののその生命力あふれる姿は見る者を圧倒する。教会関係者によると、貿易によってアコウの種子がこの地にもたらされたのではないかとのこと。まさに歴史の生き証人ともいえる。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 10分
水路

しばらくまち歩きを楽しんでみることにした。深堀地区はいたるところに水路が整備されていて美しい水が流れている。写真は深堀小学校のそばの水路。通りに潤いを与えている。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 3分
菩提寺

善長谷(ぜんちょうだに)教会堂の名前の由来にも登場した菩提寺。1229年、深堀氏の祖とされる三浦能仲(よしなか)によって建てられたという。境内には深堀氏、深堀鍋島家歴代の墓所のほか、赤穂浪士の討ち入りの手本になったといわれている深堀騒動で切腹した義士らの墓所もあるという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ