おらしょ こころ旅

バスで行く春日集落(5) 丸尾山に登って

2019年11月27日 公開

11-4-0

春日集落のほぼ中央に、地元の人々が昔から崇拝している「丸尾山」。こんもりとした小さな山で、現在は頂上に石の祠が立てられていて、祭事も行われています。キリシタン時代には聖地として十字架が立てられていたと記されています。今回は、この丸尾山の頂上をめざします。帰りのバスの時間を確認して行動しましょう。

ルート紹介を見る
ルート紹介
春日集落拠点施設「かたりな」

前回紹介した「かたりな」では電動アシスト自転車の貸出(全部で5台)も行なっていて、春日集落の散策にとっても便利!4時間500円/台と料金もリーズナブルだし、徒歩移動なら20分ほどかかりそうなので、今回は自転車を利用することにしました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
春日集落(1)

目的地の丸尾山は美しい棚田に囲まれた場所にあります。キリスト教が布教された約400年前からほぼ変わらない土地の形をしています。まさに日本の原風景に触れることができます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
すぐ
春日集落(2)

山々を仰ぐと、春日集落の人たちが聖地として拝んだという安満岳が望めます。安満岳から流れる清水によって、おいしいお米が育っています。いつか安満岳にも登ってみたいなぁ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
すぐ
春日集落(3)

丸尾山のふもとにはイノシシ除けのフェンスが設置されていて、「開けたら閉めてね」と書かれています。この近くに自転車を停めて、徒歩で山を登ります。丸尾山の説明や発掘されたキリシタン墓碑の写真の解説もあるので、ぜひ目を通してから登ってくださいね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
春日集落(4)

丸尾山までは、最初は舗装された道ですが、段々足下が悪い細い山道になります。でも頂上まではゆっくり歩いても10分ほど、ミニミニ登山です。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 10分
春日集落(5)

そして、頂上へ到着。まず、小さな石の祠に手をあわせました。その後、360°に広がる春日集落の風景を堪能。空気も澄んでいて、何度も深呼吸しながら、美しいのどかな棚田の風景を心に刻みました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
春日集落(6)

帰りは、自転車を「かたりな」に返却後、近くの春日バス停から平戸市ふれあいバスに乗って紐差まで行き、西肥バスに乗り換えて平戸新町へ。そこから佐世保行きのバスに乗り、佐世保到着後、長崎へ。バスの乗り継ぎや長時間の徒歩移動は大変でしたが、それはそれで楽しい一日でした。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ