おらしょ こころ旅

紫陽花が咲く中島川界隈(1)

2017年5月31日 公開

6-1-3

長崎を代表する観光スポット・眼鏡橋が架かる中島川界隈にもキリシタンゆかりの場所が残っています。5月下旬から6月初旬にかけて開催される「ながさき紫陽花まつり」を見ながら、ぶらりと歩きましょう。

ルート紹介を見る
ルート紹介
サン・アウグスティン教会堂跡

中島川に架かる常盤橋のたもとにひっそりと立つ教会跡の碑。長崎でキリスト教が栄えていた頃、1612年にアウグスチノ会のエルナンド神父が古川町付近に建てた教会堂でしたが、わずか2年後の1614年に禁教令で破壊されてしまいました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
おしゃれなカフェ

中島川沿いは、カフェやお菓子屋さん、お土産品店が立ち並ぶ、散策が楽しいエリア。さっそくおしゃれなカフェを見つけました。隣はお花屋さん、その先にはカステラ屋さん・・・なんて楽しい
通りでしょう!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
眼鏡橋

江戸時代、キリスト教の取り締まり強化の為に建設が進んだ寺町通りの寺院。そのお寺への参道として架けられたのが、眼鏡橋を含む中島川の石橋群です。ながさき紫陽花まつりの期間中は、川沿いにはたくさんの紫陽花が彩りを添えます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
ハート型の石

中島川の河川改修工事の際に人工的に組み込まれたハート型の石。グラバー園のハートストーンをイメージしたのかな? 眼鏡橋周辺に3個のハート型の石があるそうですよ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
アルコア中通り

せっかくだから中通りも通ってみましょう。この中通り商店街(アルコア中通り)は、江戸中期から続く長崎で最も古い商店街。歴史あるお店が軒を連ねています。右手の町家づくりの建物は、創業1830年の老舗の和菓子店です。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 1分
長崎県産のコスメのお店

町家風のおしゃれなお店がありました。店内には、ビワの葉エキスや椿油、東彼杵のお茶など、長崎県産の材料が使われたコスメや長崎をモチーフにデザインされた可愛い雑貨が売ってあります。
お土産にも喜ばれそうです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 1分
ネコのいる食堂

中通りを歩いていると、なんと猫の多いこと! 食堂の入口にもかわいい看板ネコを見つけました。あれ?尻尾(しっぽ)がまっすぐ。尾曲りネコが多い長崎では珍しいですね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 3分
歴史ある薬屋さん

この薬屋さんは元禄時代の創業だそうです。さすが歴史ある中通り! 鍵屋という屋号は、鍵の作り方と同じように薬の製法も秘伝とされていたことに由来するものだとか。秘伝の薬、効きそうですね!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ