おらしょ こころ旅

愛野町にある首塚伝説

2019年9月4日 公開

9-1-0

1590年のルイス・フロイスの記録に千々石の司祭館の管轄にある「野井」という地名で現在の愛野町一帯が紹介されているなど、いち早くキリスト教が広まった地区の一つです。今はのどかなじゃがいも畑が広がる農村地帯ですが、可愛い教会堂と、キリシタンの伝説を秘めた古墳が残っています。

ルート紹介を見る
ルート紹介
じゃがいも畑

長崎県は日本でも有数のジャガイモの産地ですが、その中心的な産地が雲仙市愛野町。国道を車で走ると、広大なジャガイモ畑が広がっています。取材したのは夏真っ盛り、緑は見えないので、ちょうど種を蒔いたばかりでしょうか?

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
首塚 (1)

ジャガイモ畑周辺をしばらく探索した後、ようやくこんもりと盛り上がった首塚を発見。この首塚は、島原・天草一揆の後、幕府が一揆軍の首を埋めた場所の一つということでキリシタンの巡礼スポットになっていますが、説明板を読むと、なんと他に2つの説があるようです。

住所 雲仙市愛野町乙字首塚
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
首塚 (2)

2つめの説は、島原・天草一揆が起こる前に戦で亡くなった愛野の人を葬ったという説で、3つめは、それよりずっと以前の古墳時代後期、6~7世紀に、この地方を支配した豪族の墳墓ではないかという説。いろんな伝説が残る愛野の首塚古墳、ミステリアスで興味が湧きますね!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
たまごの直売所(1)

首塚を見学した後は、愛野町を再び散策。この可愛い建物は、養鶏業者の落水正商店さんの直売店で、新鮮な卵や卵を素材にしたスイーツ、地元の特産品を販売するコーナーと、卵かけご飯を食べられるコーナーがあります。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
たまごの直売所(2)

さすが直販店の卵、見るからに新鮮ですね。卵かけご飯、美味しいだろうなぁ〜と、迷わず1箱、購入しました!島原半島は美味しいものが多いですね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
1分
野菜の直売所(1)

また少し走ると、野菜の直売所がありました。農地に恵まれた愛野町だから、直売所に売っている野菜も新鮮でしょう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
野菜の直売所(2)

さすが、ジャガイモの産地!店頭に売ってあるジャガイモだけで何種類もあり、産地も選べるようになっています。その中からアイユタカを購入しました。ポテトサラダにしていただきましたが、ジャガイモ本来の甘みがあり、とっても美味しかったです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
愛野教会堂

まずは、愛の教会堂へ行ってみました。小さな赤い屋根の教会堂は、まるで絵本に出て来そうな可愛い雰囲気。1951年、長崎市の中町教会堂の再建を援助したことでも知られるカナダ出身のジョン・メリー・フレーザー神父が設立したスカボロ会によって創設された教会堂です。

住所 雲仙市愛野町甲3934
電話番号
URL
料金
営業時間
休日

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ