おらしょ こころ旅

日本二十六聖人の足跡を訪ねて

2016年5月4日 公開

ぶらり旅(80)日本二十六聖人の足跡を訪ねて_ph6

東彼杵(ひがしそのぎ)町の観光・物産の拠点、彼杵の荘(しょう)から日本二十六聖人乗船場跡へ。長崎(ながさき)街道の彼杵宿として栄えた町に残る殉教者の足跡を訪ねます。

ルート紹介を見る
ルート紹介
道の駅 彼杵の荘

江戸時代、多くの海産物が集まる流通、交通の要衝として栄えた東彼杵町。国道205号沿いにある「道の駅 彼杵の荘」は、長崎市、佐世保(させぼ)市を結ぶ観光拠点。周辺は整備されており、訪れる人々の憩いの場になっている。

住所 東彼杵町彼杵宿郷747番地2
電話番号 0957-49-3311
URL http://www.sonogi.jp/michinoeki.html
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
店内(1)

店内には新鮮な野菜や果物、加工品など、東彼杵町の特産品がずらり! 県内各地のお土産品なども販売されており、無料でお茶を味わえるコーナーもある。お茶どころならではの心づかいがうれしい。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
店内(2)

竹の皮を販売しているコーナーもあった。ダンボールには「ちまきづくりにどうぞ」と書いてある。5月5日の子どもの日ももうすぐ。なぜか無性に竹の皮で包んだおにぎりを食べたくなった。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
ひさご塚古墳

道の駅のとなりには5世紀前半につくられたという「ひさご塚古墳」がある。全長約59メートルの前方後円墳でその規模は県内最大級。これからの季節、ベンチに座ってランチタイムを楽しみたくなる、そんな雰囲気の場所である。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
8分
案内板

彼杵川にかかる橋の近くに「日本二十六聖人乗船記念碑」を示す案内板があった。一帯は春の陽射しを受けてのんびりとしたおだやかな風景を描き出していた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
1分
日本二十六聖人乗船場跡

1597年2月5日、長崎の西坂(にしざか)で処刑された26人のキリシタンが、その前日、時津(とぎつ)に向かうために船に乗せらせた場所。日本二十六聖人の足跡を記念するため、1986年に碑がつくられたという。

住所 東彼杵町彼杵宿郷
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ