おらしょ こころ旅

青砂ヶ浦から青方教会堂へ

2019年10月9日 公開

10-2-0

新上五島町の中でも見学者が多い人気スポット、青砂ケ浦教会堂。鉄川与助が手がけたレンガ造りの教会堂で、国指定重要文化財です。また、青方教会堂は、島外ではあまり知られていませんが、実は上五島の中心的な存在で、カトリックセンターの役割も担っています。今回はこの2つの教会堂を訪ねます。

ルート紹介を見る
ルート紹介
青砂ヶ浦の海岸(1)

波静かな奈摩湾と上五島の山々を望む青砂ヶ浦の海岸。天気の良い日は堤防を散歩することができます。潮風が心地良い、絶好の立ち寄りスポットです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
青砂ヶ浦の海岸(2)

堤防から立派な青砂ヶ浦教会堂を眺めることができます。いい風景ですね。明治40年代、青砂ヶ浦教会堂を建てる際は、船で運ばれて来たレンガを近くの海岸から陸に上げて、老若男女、自分に見合った数のレンガを担いで建築現場まで運んだそうです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
2分
青砂ヶ浦教会堂(1)

海岸から車で少し走ると教会堂に着きました。高台に建つどっしりとした赤レンガの教会堂は、横から眺めると瓦屋根であることがはっきりわかります。赤レンガに瓦屋根とは、和洋折衷のユニークな光景ですね。

住所 南松浦郡新上五島町奈摩郷1241-1
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
青砂ヶ浦教会堂(2)

迎えてくれるのは、青砂ヶ浦教会堂の保護者である聖ミカエル。いつ見てもかっこいいですね!カトリック教会ではミカエルをガブリエル、ラファエルと並ぶ三大天使の一人としていて、ミカエルとは「神に似たもの」という意味で、人間を守り、勇気を与え、恐れを取り除く天使といわれています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
青砂ヶ浦教会堂(3)

やはり正面から眺めると、重厚感のある荘厳な姿に感動。鉄川与助の設計で、1910年に完成した上五島の代表的な教会建築の一つです。100年以上も経っているとは思えない頑丈な造りの中に、100年の歳月が醸し出す歴史の重みを感じます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
青砂ヶ浦教会堂(4)

写真で紹介できないのが残念ですが、堂内のステンドグラスの美しさにはいつも心打たれます。この日もステンドグラスの窓から色とりどりの光が差し込み、堂内は神聖な空間に彩られていました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
20分
矢堅目を臨む公園

青砂ヶ浦教会堂から青方に向かう海岸線は絶好のドライブコース。特に上五島の名所の一つ、矢堅目を望む道路公園は最高のビュースポット。車を停めて記念写真を撮る人も多いようです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
青方教会堂(1)

緑豊かな島の風景の中に異彩を放つ近代的な青方教会堂。1960年代から1970年代にかけて近隣の信徒さんが上五島の中心にある青方地区に転居移住を行ったため信徒数が急増し1975年に聖堂が建立され、2000年に現在の教会堂に建て替えられました。

住所 南松浦郡新上五島町青方郷551-1
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
青方教会堂(2)

2階の玄関の前には美しい聖家族の像がありました。聖家族に捧げられた教会なんですね。ここからの景色も素晴らしいし、堂内も広くて、祭壇の両脇に設えられたステンドグラスが見事でした。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ