おらしょ こころ旅

真手ノ浦から佐野原へ

2019年10月23日 公開

10-4-0

島内のどこを走っても教会堂にたどり着く新上五島町。小さな集落にも大切に守られている教会堂があります。今回は、遣唐使船の歴史も残る道土井湾の近くにある真手ノ浦教会堂から洋上石油備蓄基地を見下ろす高台に建つ跡次教会堂、そして上五島では珍しい山に囲まれた佐野原教会堂を訪ねました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
三日浦憩いの広場

あまりにも美しい入江で、思わず立ち寄ってしまいました。「三日浦」(みかのうら)という珍しい地名の由来は、その昔、遣唐使船が3日間滞在したことからついたと言われています。入江に面してウッドデッキが敷かれ、小さな公園になっています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
真手ノ浦教会案内板

国道から真手ノ裏集落に入る入り口にある案内板。これを目印に山手に登っていくと、教会堂にたどり着けます。教会へ向かう途中に、かつての祈り場と伝えられる「オラショ館」があるということでしたが、見つけられませんでした。残念。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
2分
真手ノ浦教会堂

外海地方から移住した潜伏キリシタンが開いた集落に建つ、2010年に建て替えられた白亜の教会堂。水産業を生業とした家が多いため、漁船の豊漁を願う気持ちも込められているそうです。正面にあるマリア像もきれいでしたよ。

住所 南松浦郡新上五島町今里郷495-2
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
跡次教会堂(1)

国道から山手に入ると、白い外壁の跡次教会堂が見えました。手前に教会墓地も整備されています。国道からすぐの場所にあるので、高齢者の方も気軽に墓参りができていいですね。

住所 南松浦郡新上五島町跡次
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
跡次教会堂(2)

緑の中の高台にそびえ立つ白亜の跡次教会堂。青い空に映えてとてもきれいです。さっそく長い石段を登ると、教会堂からの眺望は最高でした。見学しやすいようにスペースも設けてあり、世界初の洋上石油備蓄基地も見えましたよ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
8分
佐野原教会堂への山道

今回の上五島の取材では初めての山道。緑の中を、奥へ、奥へと走りました。今でこそ車で行けますが、キリシタンが潜伏していた時代は、相当大変な道のりだったと想像できます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
佐野原教会堂(1)

やっと着きました。教会堂の前の小さな公園が心を和ませてくれます。五島では数少ない海の見えない山奥にある教会堂で、マイナスイオンいっぱいの気持ちのいい環境です。

住所 南松浦郡新上五島町東神ノ浦郷佐ノ原
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
佐野原教会堂(2)

こちらも外海地方から移住してきた潜伏キリシタンが先祖。集落の全てがカトリックで、最初は信徒の家を御堂にして祈りを捧げていたそうですが、1950年に小さな教会堂が建てられ、それも手狭になったので現在の教会堂が1963年に建てられました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
30分
五島うどんの里(1)

教会堂めぐりの後は腹ごしらえ。有川に戻ってきて、五島うどんの店へ。敷地内に観光物産センターもあるので、お土産もここでゲット。五島手延うどんのほか、かんころ餅や羊羹、鯨など、上五島には美味しいものがたくさんありますね。

住所 南松浦郡新上五島町有川郷428-31
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
五島うどんの里(2)

コクのある上品なアゴだしスープでいただくツルツルの五島うどんは、いつ食べても美味しいですね。上五島というよりも、長崎県民のソウルフードになりつつあるかもしれません。漬け丼とセットでいただき、満足でした。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ