おらしょ こころ旅

信徒の祈りの場、大浦教会堂

2019年2月13日 公開

2-2-0

国宝であり世界遺産にもなった大浦天主堂に注目が集まっていますが、実際の信徒の祈りの場は、そのすぐそばにある大浦教会堂。大浦天主堂の聖堂に多くの観光客が訪れ、祈りの場に適さなくなった為、 1975年に大浦の信徒のために建設されました。南山手散策の途中に、赤レンガ風のすてきな大浦教会堂を訪ねてみました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
南山手の小さな美術館(1)

南山手を歩いていると雰囲気のいい洋館があり、入口には美術館の表示があります。長崎市出身の画家・須加五々道画伯の作品を収蔵・展示している美術館のようです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
南山手の小さな美術館(2)

居留地時代の洋館、南山手乙9番館を利用して、須加五々道画伯の作品が展示されています。日本ならではの四季の移ろい、自然美、静けさの中に、生命力あふれる鳥などが美しく描かれた作品は、洋館の中でひときわ輝いて見えました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
南山手の洋館

幕末から明治にかけて外国人居留地が形成された南山手地区には、あちこちに洋館がのこっています。このピンクの可愛い洋館は、明治中期の英国人ウィルソン・ウォーカーの住宅を移築し、町並み保存センターとして活用されています。入館無料なので観光客の休憩スポットにもおすすめです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
大浦教会堂

1975年に小教区信徒のために新たに建立された大浦教会堂。大浦天王堂のすぐそばにあるのですが、知っている人は少ないようです。周囲の建物との調和を考え、赤レンガ風の建物となっています。堂内のステンドグラスがとってもきれいでした。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 1分
ざぼんジュースの店

坂道を歩いて喉が乾いてきたなぁと思ったところに、テイクアウトのざぼんジュースのお店がありました。長崎名物のひとつでもあるざぼん。グレープフルーツに似たすっきりとした味わいで美味しかったです。長崎特産のびわジュースもありました。どちらもおすすめです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ