おらしょ こころ旅

おらしょ物語

日本におけるキリスト教は、伝来から繁栄、禁教と継承、解禁と復帰という3つの時代を歩んできました。
4世紀にわたるその歴史のなかで、信徒たちはそれぞれの時代をどのように生きてきたのでしょうか。
その祈りと信仰の物語をご紹介します。

1549 - 1644

おらしょ物語 (1)

キリスト教の伝来と繁栄の時代

この時代の物語を読む

1645 -1853

おらしょ物語 (2)

禁教と密かな継承の時代

この時代の物語を読む

1854 -

おらしょ物語 (3)

開国と『信徒発見』・解禁と復帰の時代

この時代の物語を読む
トップ