おらしょ こころ旅

頭ヶ島の集落

19世紀半ばに潜伏キリシタンが病人の療養地として使われていた島へ移住することにより、ひそかに自らのかたちで信仰を続けた集落である。外海地域から中通島の鯛ノ浦地区へと渡った潜伏キリシタンは、仏教徒の開拓指導者のもとに無人島であった頭ヶ島へと入植し、閉ざされた環境下でひそかに潜伏キリシタンとしての信仰を続けた。「信徒発見」後は、海に向かって開けた谷間の奥に建てられた潜伏キリシタンの指導者の屋敷を「仮の聖堂」とし、解禁後はその近くに教会堂を建て、その伝統は終わりを迎えた。

世界遺産(候補)

頭ヶ島天主堂

五島列島北部の頭ヶ島の白浜集落にある教会堂である。

トップ