おらしょ こころ旅

久賀島の集落

禁教期の潜伏キリシタンが五島藩の開拓移民政策に従い、未開拓地に移住して自らのかたちで信仰を続けた集落である。外海地域から久賀島へ移住した潜伏キリシタンは、在来の仏教集落から離れた場所を開拓して集落を形成する一方、漁業や農業などの作業をともに行うことで仏教集落の住民とも互助関係を築き、ひそかに自らの信仰を続けた。「信徒発見」後、最後の弾圧を乗り越えてカトリックへと復帰し、解禁後は各集落に新たに教会堂を建て、その伝統は終わりを迎えた。

世界遺産(候補)

旧五輪教会堂

五島列島南部の久賀島にある教会堂である。【登録資産グループ/久賀島の集落】

トップ