おらしょ こころ旅

外海の出津集落

出津は、長崎地方の西彼杵半島西海岸の外海に所在する。出津教会堂、旧出津救助院と小田平集落からなる歴史的景観である。

世界遺産(候補)

出津教会堂

19世紀の開国にともない来日したパリ外国宣教会のプティジャン神父は、1865年3月の大浦天主堂における「信徒発見」の後、同年9月に外海地方に赴き、多くの潜伏キリシタンと接触した。

旧出津救助院鰯網工場(ド・ロ神父記念館)

1885年、旧出津救助院の向かい側に建設された木骨煉瓦平屋造りの建物。

旧出津救助院

ド・ロ神父が地域の女性たちの自立を支援するため、1883年に建設した授産施設である。

トップ