おらしょ こころ旅

大浦天主堂

日本の開国により来日した宣教師が1864年に建てた教会堂であり、潜伏キリシタンが2世紀ぶりに宣教師と出会い、その後カトリックへ復帰す る者があらわれるなど、新たな信仰の局面を迎えるきっかけとなった「信徒発見」の舞台である。その後に続く大浦天主堂の宣教師と各地の潜伏キリシタン集落 の指導者との接触により、自由に信仰を表明することのできなかった潜伏キリシタンが日本の伝統的宗教や一般社会と共生しながら自らの信仰を続けることによ りはぐくんだ伝統が変容し、終わりを迎えるきっかけとなった。

世界文化遺産

大浦天主堂

フューレ神父とプティジャン神父の設計により1864年に建設された教会堂である。【登録資産グループ/大浦天主堂】

旧羅典神学校

フランス人宣教師ド・ロ神父の設計により、1875年に建設された司祭養成のための学校である。【登録資産グループ/大浦天主堂】

トップ