おらしょ こころ旅

野崎島の集落跡

五島(ごとう)列島北部の野崎島(のざきじま)に所在する教会堂と舟森(ふなもり)集落を含む歴史的景観である。

世界遺産(候補)

旧野首教会

鉄川与助の設計・施工により、1908年に建設された煉瓦造り(英国積み)の教会堂である。

野首集落跡

野崎島の中央に位置し、屋敷跡、耕作地跡、旧野首教会、里道などがのこる。

舟森集落跡

野崎島の南端に位置し、屋敷跡、耕作地跡、墓地、瀬戸脇教会跡、里道からなる。

里道

野首集落跡と舟森集落跡の間の南北2kmをつなぐ里道で、幅0.8〜1.0mの自然道である。

トップ