おらしょ こころ旅

Burari

While visiting the historical and cultural heritage groups related to Christianity,
A discovery trip that also introduces nearby spots that stimulate curiosity.
Now, lets relax, with your feet facing you!

Check the course from the area

Latest Course

  • 2020.12.2

    26聖人を偲び浦上街道をぶらり(1)時津港から茶屋跡へ

    豊臣秀吉の命によって長崎の西坂で日本二十六聖人が処刑されたのは1597年2月5日、旧暦で言えば慶長元年12月19日。先週ご紹介した東彼杵町の彼杵浦から舟に乗せられた一行は時津港に着き、翌朝、西坂を目指して歩きました。今月は26聖人の一行が歩いた浦上(時津)街道...

  • 2020.11.25

    夕暮れの日本二十六聖人乗船地

    長崎街道の中でも彼杵宿は平戸街道への分岐点として重要な役割を担っていました。豊臣秀吉の命により京都で捕らえられた日本二十六聖人の一行は、処刑される前日、東彼杵の海岸から船で時津に向かいました。その地は今も悲しい歴史に思いを馳せる大切な場所として記...

  • 2020.11.18

    のどかな波佐見の風景とキリシタン墓碑

    波佐見地区の潜伏キリシタンは、1865年の郡崩れを機にほとんど消滅したと考えられていますので、現在、波佐見町に残るキリシタン墓碑はそれ以前のものと推定されています。紅葉が目立ち始めた秋の日、波佐見町ののどかな山里にあるキリシタン墓碑をたずねました。

  • 2020.11.11

    崖穴から見つかった「INRI」銘入りの自然石

    波佐見町のキリシタンに関する歴史資料は非常に少なく、原マルチノが波佐見町出身だという根拠もローマにある資料に「肥前国ハサミの首長の子」と書かれていることが由来になっています。しかし、町内で発見されたというキリシタンの遺物を見ると、紛れもなく波佐見...

  • 2020.11.4

    後ろ姿も凛々しい原マルチノ像

    波佐見町は、布教当時は大村藩の中でもキリシタンが多い村でした。その後の弾圧でキリシタンは姿を消してしまい、現在は教会堂などはありませんが、波佐見出身で天正遣欧使節の一員としてローマに渡った原マルチノの銅像が立てられ、キリスト教の歴史を伝えています。

  • 2020.10.28

    山里に祈りの声が響く木ヶ津教会堂

     今回の平戸のぶらり旅、最後の目的地は木ヶ津(きがつ)教会堂です。宝亀や紐差方面から行くと、木ヶ津漁港のある中心地から2キロくらい先の山の中にあります。木ヶ津地区の信徒は、明治中期に五島や黒島から移住してきた潜伏キリシタンを先祖に持ち、今でも信仰の篤...

  • 2020.10.21

    宝亀教会堂と亀石様

     禁教期に外海から移住してきた信者の子孫が多く住む宝亀地区。現在の宝亀教会堂は、1898年に平戸瀬戸が見渡せる小高い丘に建てられました。教会堂はマタラ神父の指導で建てられ、平戸に現存する教会堂では最古と言われています。教会堂周辺には「宝亀」という地域...

  • 2020.10.14

    秋空の下、マタラ神父の墓前へ

     明治以降の平戸におけるカトリックの布教に大きな役割を果たしたフランス人のマタラ神父は、1887年プティジャン神父より平戸・黒島の教区主任を命じられると、赤痢が流行する平戸・生月島に赴任。自身も病を患いながら聖体拝領と洗礼を続けたといわれています。秋...

  • 2020.10.7

    千里ヶ浜を通って紐差へ

     今月は平戸を代表する紐差教会堂と宝亀教会堂を中心に、その周辺のスポットを訪ねます。まず今週は、平戸を代表する海水浴場、千里ヶ浜を通って紐差地区をぶらり。1885年に初代聖堂が建立されると、潜伏していた信者が続々とカトリックに復帰し、県北の宣教活動の...

  • 2020.9.30

    有家のキリシタン史跡公園へ

     南島原市内には100基を超えるキリシタン墓碑が確認され、そのうち有家町内の道路端や石垣、畑の中などに点在していた墓碑を集めたものが有家キリシタン史跡公園です。この地で最もキリスト教が栄えた天正年間(1573-1592)には2つの教会があり、住民は全員信徒だった...

  • 2020.9.23

    有家のセミナリヨ跡にある美しい墓碑

     セミナリヨとは、イエズス会によって日本に設置された司祭・修道士育成のための初等神学校のことで、最初、日野江城下に置かれたセミナリヨは、秀吉のバテレン追放令などの影響を受け、有馬領内の八良尾(北有馬)に移転し、その後1595年に有家に移転しました。現在...

  • 2020.9.16

    加津佐に残るキリシタンの足跡

     南島原市加津佐町は、ルイス・フロイスの記録に「修院も学校も海に近い丘の上にある」などと記載があるように、かつてキリスト教が繁栄した町です。また、加津佐にあったコレジヨでは、日本で最初のキリシタン版『サントスの御作業の内抜書』が刊行されました。

  • 2020.9.9

    口之津の岬の教会跡へ

     口之津港は、古くから多くの船が交易に来る港でしたが、1562年有馬義直(のちの義貞)によりポルトガル船の寄港地として許され、正式に南蛮貿易港として開かれました。1567年にポルトガル船3隻が入港し、また、キリシタン布教の拠点となり、天主堂も建てられました。

  • 2020.9.2

    かつての南蛮貿易港の今

     戦国時代、島原半島を治めていた有馬義貞は弟の大村純忠が横瀬浦を開港した1562年に口之津を開港、1582年までポルトガルとの交易が行われました。宣教の拠点となった口之津には、イエズス会の巡察使ヴァリニャーノやアルメイダなども来航し、口之津を拠点に宣教活...

  • 2020.8.26

    松林の中の小さなキリシタン墓碑

     1563年、アルメイダが島原半島で初めて口之津で250人に洗礼を授け、その4年後に南蛮船が入港。キリスト教は島原半島全体に広がり、口之津は布教の中心となったといわれています。その証ともいえるのが、各地から発掘、発見されているキリシタン墓碑。島原半島で発...

  • 2020.8.19

    入江に立つ中ノ浦教会堂

     中ノ浦教会は若松瀬戸の笛吹浦から入り込んだ小さな入江に面し、対岸から見る教会建物の優美なたたずまいはポスターなどでもお馴染みの風景です。中ノ浦教会の先祖は、寛政年間に外海の黒崎地区から移住した潜伏キリシタンで、明治初期の迫害では信徒が捉えられ拷...

  • 2020.8.12

    浜串教会堂と希望の聖母像

     1797年に五島藩は大村藩に対し、領民を土地開拓民として移住させるよう要請、大村藩主はこれを快諾し、外海地方から100人あまりが五島へ移住しました。今回訪れた浜串集落は、1815年頃、外海の樫山地区から移り住んだのが始まりとされ、現在も住民のほとんどがカト...

  • 2020.8.5

    海のそばの2つの教会堂

     やっぱり夏は五島でしょ!ということで、前回に引き続き中通島の教会堂を巡ります。今回は美しい海沿いに立つ高井旅教会堂と福見教会堂を訪問。どちらも先祖は外海から移住した潜伏キリシタンですが、福見教会は1878年(明治11)にカトリックに復帰、一方、高井旅教...

  • 2020.7.29

    奈良尾港から2つの教会堂へ

     世界遺産の構成資産に登録されている教会堂をはじめ、約50の教会堂がある五島列島。リアス式海岸の入り組んだ小さな入江の集落に、ひっそりと佇む教会堂は、五島のキリシタン信仰の歴史を物語っています。今回は新上五島町の奈良尾港からスタートして、周辺の教会...

  • 2020.7.22

    梅雨の晴れ間に久賀島へ(2)

     久賀島には、旧五輪教会堂のほか、以前から牢屋の窄(さこ)殉教記念聖堂や浜脇教会堂など、潜伏キリシタンの歴史を物語るスポットがありましたが、久賀島の集落が世界遺産の構成資産になってからは観光交流拠点センターや潜伏キリシタンに関する資料館なども整備さ...

  • 2020.7.15

    梅雨の晴れ間に久賀島へ(1)

     世界遺産の構成資産にもなっている久賀島の集落。今回は長崎から朝一便のジェットフォイルで福江港へ渡り、連絡船シーガルで久賀島の田ノ浦港に9時30分に到着。帰りの14時35分発のフェリーの時間まで正味約4時間、レンタカーで島内の潜伏キリシタンゆかりのスポッ...

  • 2020.7.8

    横瀬浦の往時をしのぶ散歩道

     実は長崎よりも早く南蛮貿易港として栄え、キリシタンの町となった横瀬浦。開港からわずか1年後に焼き討ちにあい消滅してしまいましたが、それがなければ、もしかしたら横瀬浦が後に日本のキリスト教の拠点となる長崎だったかもしれません。横瀬浦を歩くと、そんな...

  • 2020.7.1

    フロイスゆかりの横瀬浦公園

     約420年前、平戸の次に南蛮貿易港となった横瀬浦は、「日本史」の著者としても知られる宣教師ルイス・フロイスが日本に降り立った最初の地でもあります。開港と同時にキリシタンの町となり、現在の横瀬浦公園がある場所にはりっぱな天主堂があったといわれています。

  • 2020.6.24

    かつての南蛮貿易港、横瀬浦へ

     1562年、平戸にかわって南蛮貿易港となったのが横瀬浦。教会が建てられ、港は「聖母の港」と呼ばれるようになり、大村純忠はこの地で家来と共に受洗しました。残念ながらその繁栄は1年で終わってしまいましたが、横瀬浦を訪ねると今も歴史の面影をあちこちで感じる...

  • 2020.6.17

    森の中のバスチャン屋敷跡へ

     禁教令により宣教師たちが全て国外に追放されたあと、外海地方ではバスチャンという日本人伝道者が、厳しい取締りの中、追っ手から逃れながら、潜伏キリシタンたちを指導したといわれています。現在、牧野地区の山中にはバスチャンの隠れ家をイメージした建物が建...

  • 2020.6.10

    春の日の大野教会堂

     明治時代になってキリスト教が黙認されるようになると、外海の大野地区にいた潜伏キリシタンもカトリックに復帰しました。1879年、外海地区に着任したド・ロ神父は、26戸の信者と力を合わせ、1893年に大野教会堂を完成させました。小さいながらも、現地の石を積み...

  • 2020.6.3

    石段登って大野教会堂へ

     西彼杵半島中部の外海地区は、出津(しつ)や黒崎などを中心に、禁教後も信仰を守る潜伏キリシタンが多くいました。出津に近い大野地区には各地から潜伏キリシタンが移り住んだと言われています。今回は、大野教会堂の駐車場から近年整備された石段を登って大野教会...

  • 2020.5.27

    キリシタンの聖地、枯松神社

     1614年に禁教令が出されて以降、キリシタンへの取り締まりはいっそう厳しさを増しましたが、外海地方のキリシタンの多くは潜伏して信仰を守り続けました。その中でも黒崎地区に住む潜伏キリシタンたちは、枯松といわれる山の中に集まり、代々オラショを伝承してき...

  • 2020.5.20

    大野集落の潜伏キリシタンゆかりの神社(3)辻神社

     禁教期、外海の大野集落の潜伏キリシタンは、表向きは仏教寺院に所属し、さらに集落内にある大野神社、門神社、辻神社の3つの神社の氏子として信仰を守り続けました。今回は、大野集落の東端、大野教会堂から坂道を歩いて登った山の中にある辻(つじ)神社をご紹介し...

  • 2020.5.13

    大野集落の潜伏キリシタンゆかりの神社(2)門神社

     禁教期、外海の大野集落の潜伏キリシタンは、表向きは仏教寺院に所属し、さらに集落内にある大野神社、門神社、辻神社の3つの神社の氏子として信仰を守り続けました。今回は、前回の大野神社に引き続き、門(かど)神社をご紹介します。

  • 2020.5.6

    大野集落の潜伏キリシタンゆかりの神社(1)大野神社

     外海の大野集落一帯では1571年にイエズス会宣教師カブラルらが宣教活動を行い、キリスト教が伝わりました。禁教期になってからも表向きは仏教徒や集落内の神社の氏子となり、神社に自分たちの信仰対象をひそかにまつって拝むことによって信仰を守り続けました。今...

  • 2020.4.29

    相浦教会堂から鹿子前へ

     相浦の信徒は、1906年頃の平戸や現西海市の大島からの移住者に始まります。1938年に信徒の家が仮教会となり、1941年、集会所の名目で教会が建ち相浦教会の歴史が始まりました。高台にそびえる白亜の教会堂は、1960年に建てられたもので、約60年の歳月を経ています。

  • 2020.4.22

    潮風を感じながら大崎教会堂へ

     明治中期頃、大崎地区に黒島や平戸、五島から信徒が移住し、最初は三浦町教会に通っていましたが、1941年に大崎に仮聖堂が建立され相浦小教区になり、1989年に分離独立した教会堂です。九十九島に突き出た半島にあり、海岸からは正面に大崎教会堂の十字架を望むこ...

  • 2020.4.15

    話題の万津6区から三浦町教会堂へ

     佐世保市のシンボルとも言える、美しいゴシック建築の三浦町教会堂。創建当時は、1899年に佐世保教会という名称で谷郷町に設立されましたが、信者の急増に伴い、1931年に現在の教会堂が完成しました。再開発で新しい魅力を発信している万津町周辺から徒歩圏内にあ...

  • 2020.4.8

    大野教会堂から眼鏡岩へ

     佐世保市大野地区には昭和の初期から炭鉱の開発により各地から信徒が移り住み、1961年に初代教会堂、1982年に現教会堂が建てられました。国内に日本二十六聖人に捧げられた教会堂はいくつもありますが、聖ヨハネ絹屋に捧げられたカトリックの教会堂は大野教会堂だ...

  • 2020.4.1

    天神教会堂の可愛いイエス像

     県内の市町の中でも教会数が多い佐世保市、そのほとんどが移住者によって設立された教会です。天神教会も黒島や五島、平戸などから移住した信徒たちによって作られました。最初の教会堂は1974年に建てられ、その後1986年に現在地に新聖堂が建設されました。入り口...

  • 2020.3.25

    大村の殉教地をめぐる

     江戸時代になると、徳川幕府はキリスト教の信仰を禁止し、大村藩もキリシタンに厳しい弾圧を行いました。しかし、かつてキリシタン大名が支配した大村には多数のキリシタンが存在し、彼らの中には禁教後も隠れて信仰を続ける人も多くいました。1657年に起きた潜伏...

  • 2020.3.18

    Omura ke Bodaiji

    In Omura City, there are many spots related to Sumitomo Omura, as well as many cultural properties derived from the Omura family. One of the main temples, the Omura family's bodhi-ji temple, is said to have a large grave to show that the Omur...

  • 2020.3.11

    大村純忠の居城跡へ

     大村純忠は、島原の有馬家から養子として大村家に迎えられ、大村家の領主となると、横瀬浦、福田、そして長崎を開港して南蛮貿易を行いました。また、日本初のキリシタン大名となり天正遣欧少年使節の派遣など歴史に残る多くの事業を行いました。今回は大村市で、...

  • 2020.3.4

    ミライon図書館へ

     2019年10月に大村市にオープンした「ミライon図書館」。県立・市立一体複合型図書館で、都道府県と市町村が共同運営する図書館としては日本で2例目という、まさに公共施設の未来を感じる運営スタイル。今回は、図書館に併設されている大村歴史資料館を訪ねてみまし...

  • 2020.2.26

    ローマ教皇ゆかりの地めぐり(4) コルベ神父ゆかりの地

     先週から引き続き、38年前に来崎したローマ教皇故ヨハネ・パウロ二世が訪れた場所をたどります。今回は大浦天主堂や、アウシュビッツで若い兵士の身代わりとなって亡くなったコルベ神父ゆかりの本河内教会堂で教皇の思い出にふれました。コルベ神父は1982年10月10...

  • 2020.2.19

    ローマ教皇ゆかりの地めぐり(3) 38年前の思い出の地

     今回から2週にわたり、38年前に来崎したローマ教皇故ヨハネ・パウロ二世が訪れた場所をたどってみます。“自ら巡礼者として長崎を訪れた”と語った教皇。38年前は長崎空港に1981年2月25日17時過ぎに到着し、翌日夜10時まで滞在されたため、市内のあちこちで記念ミサ...

  • 2020.2.12

    ローマ教皇ゆかりの地めぐり(2) 西坂の殉教地へ

     2019年11月24日に長崎を訪れたローマ教皇フランシスコは、爆心地で平和のメッセージを発信した後、日本二十六聖人殉教地である西坂公園を訪れました。限られた時間の中で、教皇フランシスコがどうしても訪ねたかった場所にはどんな意味が込められているのでしょう...

  • 2020.2.5

    ローマ教皇ゆかりの地めぐり(1) 地球平和の発信地

     2019年11月23~26日、ローマ教皇フランシスコが来日し、24日に長崎を訪れました。原爆落下中心地で発した平和のメッセージや3万人が集まったミサなど、記念すべき日となりました。そこで、今回から4週にわたり、ローマ教皇フランシスコが訪れた長崎の地、そして38...

  • 2020.1.29

    バスで行く原城跡・﨑津集落(8) 〆は3宗教の御朱印

     長崎から﨑津集落をめざしたバス旅も、いよいよ今回がラスト。天草では﨑津集落の世界文化遺産登録を記念して3宗教巡拝の御朱印を頂くことができます。前回紹介した﨑津教会堂に続き、﨑津諏訪神社と仏教のお寺の普応軒をまわり、世界中でここしかない御朱印をゲッ...

  • 2020.1.22

    バスで行く原城跡・﨑津集落(7) 﨑津教会堂とみなと屋

    今回はいよいよ世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産である天草市の﨑津集落に到着。散策できる時間は3時間半ほどですが、まずは﨑津集落ガイダンスセンターで情報収集後、﨑津教会堂を見学し、すぐそばにある「﨑津資料館みなと屋」を...

  • 2020.1.15

    バスで行く原城跡・﨑津集落(6) 本渡から下田温泉へ

    天草市内に泊まり、翌朝、いよいよ﨑津集落へ向けて出発します。バスで行く場合は、本渡バスセンターからまず下田温泉まで行き、そこから河浦行きに乗り換えないといけません。せっかくなので、バスの待ち時間に下田温泉街を散歩してみました。※バスの時間は曜日や季...

  • 2020.1.8

    バスで行く原城跡・﨑津集落(5) 原城跡を散策

    12月から引き続き、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産である原城跡と﨑津集落を路線バスで訪ねる旅をご紹介します。今回は、南島原市の原城跡を散策したあと、口之津港に向かい、フェリーで鬼池港着。そこから最終バスで本渡市内へ...

  • 2019.12.25

    バスで行く原城跡・﨑津集落(4) 原城跡に到着

    諌早市を出発して、バスで南島原市の原城跡と天草の﨑津集落を巡る旅。今回はようやく目的地の一つ、原城跡に到着します。原城跡から徒歩30分のところに「南島原市有馬キリシタン遺産記念館」があるので時間の余裕があれば寄りたいですね。口之津港発のフェリーの時...

  • 2019.12.18

    バスで行く原城跡・﨑津集落(3) 島原城へ寄り道

    南島原市の原城跡と天草の﨑津集落の2つをバスで巡る旅は、まだまだ序盤。今回は、雲仙からバスに乗って島原市に移動し、城下町をしばし散策しました。事前に時刻表でチェックしてちゃんと予定を立てて動くと、路線バスでもいろんな場所を回ることができますよ。

  • 2019.12.11

    バスで行く原城跡・﨑津集落(2) 雲仙地獄を散策

    南島原市の原城跡と天草の﨑津集落の2つを1泊2日で巡る旅の途中、最初に立ち寄った雲仙温泉。今回は、湯けむりと硫黄の匂いが旅情をかきたてる雲仙地獄を30分ほどで散策してみました。江戸時代はキリシタンの処刑も行われていた雲仙地獄には、キリシタン殉教碑が建て...

  • 2019.12.4

    バスで行く原城跡・﨑津集落(1) 諫早から雲仙へ

    前回から引き続き、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を路線バスで訪ねる旅をご紹介します。今回は、南島原市の原城跡と天草の﨑津集落の2つを1泊2日で巡る旅がスタート。路線バスを乗り換えながらの旅は、車での移動とはまた違った...

  • 2019.11.27

    バスで行く春日集落(5) 丸尾山に登って

    春日集落のほぼ中央に、地元の人々が昔から崇拝している「丸尾山」。こんもりとした小さな山で、現在は頂上に石の祠が立てられていて、祭事も行われています。キリシタン時代には聖地として十字架が立てられていたと記されています。今回は、この丸尾山の頂上をめざ...

  • 2019.11.20

    バスで行く春日集落(4) 「かたりな」での語らい

    バスで行く春日集落への旅、今回はいよいよ春日集落に到着です。白石バス停から春日集落拠点施設「かたりな」までの道のりは登りあり下りありの軽いウォーキングコース。生月島を散策した後に少しハードな行程ですが、「かたりな」のおばあちゃんの笑顔にふれると疲...

  • 2019.11.13

    バスで行く春日集落(3) 山田教会堂と黒瀬の辻へ

    前回から引き続き、春日集落へ向かうバスが出るまでの空き時間を利用して、生月島を徒歩で散策。今回は生月島で最も大きな教会の山田教会堂と生月を代表する聖地、黒瀬の辻殉教地を訪ねました。黒瀬の辻からは中江ノ島を望むことができます。

  • 2019.11.6

    バスで行く春日集落(2) 舘浦周辺をぶらり

    前回は長崎から「平戸市生月町博物館 島の館」までの行程をご紹介しました。今回は、それから春日集落へ向かう平戸行きのバス(生月大橋公園前バス停14時11分)が出るまでの空き時間を利用して、生月島の舘浦周辺を徒歩で散策。まちなかに点在するキリシタン関連のス...

  • 2019.10.30

    バスで行く春日集落(1) 平戸新町から島の館へ

    世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つ、平戸市の春日集落を訪ねるには車やツアーバスが便利ですが、事前に時刻表等をチェックしておけば公共交通機関を使って訪ねることもできます。そこで今回から5回に分けて、春日集落までのバ...

  • 2019.10.23

    真手ノ浦から佐野原へ

    島内のどこを走っても教会堂にたどり着く新上五島町。小さな集落にも大切に守られている教会堂があります。今回は、遣唐使船の歴史も残る道土井湾の近くにある真手ノ浦教会堂から洋上石油備蓄基地を見下ろす高台に建つ跡次教会堂、そして上五島では珍しい山に囲まれ...

  • 2019.10.16

    冷水教会堂から矢堅目へ

    1907年築の冷水教会堂は、近くの丸尾郷出身の鉄川与助が棟梁となって初めて手掛けた教会堂です。冷水は五島崩れで迫害を受けた地域の一つで、逃れた信徒たちは戻ることはなかったと伝えられ、現教会堂は解禁後に近隣や平戸、下五島などから移住してきた信徒たちによ...

  • 2019.10.9

    青砂ヶ浦から青方教会堂へ

    新上五島町の中でも見学者が多い人気スポット、青砂ケ浦教会堂。鉄川与助が手がけたレンガ造りの教会堂で、国指定重要文化財です。また、青方教会堂は、島外ではあまり知られていませんが、実は上五島の中心的な存在で、カトリックセンターの役割も担っています。今...

  • 2019.10.2

    鉄川与助の居宅跡へ

    新上五島町は明治期から昭和初期にかけて教会建築に多大な功績を残した大工棟梁・鉄川与助の出身地。島内のあちこちに、鉄川ゆかりのスポットや教会堂が存在します。今回は、有川港のターミナルから丸尾教会堂に立ち寄り、鉄川が生まれ住んだ居宅跡を訪ねました。

  • 2019.9.25

    福浦と田尻集落へ

    前回から引き続き頭ヶ島集落を散策。今回は、キリシタンゆかりの前田家の墓地がある福浦地区と南岸の田尻地区へ足をのばしてみました。キリシタンが拓いた田尻地区も石積みの風景が印象的です。上五島の各地で見られる五島石を使った石積みは、外海から渡ったキリシ...

  • 2019.9.18

    頭ヶ島天主堂を訪ねて

    今回は、世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産にもなっている頭ヶ島集落の中の白浜地区を訪ねました。集落のシンボル的な存在の頭ヶ島天主堂は、全国的にも珍しい石造りの教会堂。堂内は花の装飾が特徴的であるため「花の御堂(はなのみどう...

  • 2019.9.11

    鯛ノ浦から石畳の集落へ

    久しぶりに上五島を訪ねました。鯛ノ浦教会堂は、清らかなルルドの泉に心が安らぐ上五島を代表する巡礼スポット。そこから車で25分の場所にあり、頭ヶ島にも近い友住集落は、国の重要文化的景観「崎浦の五島石集落景観」に属する集落で、美しい石畳や石積みの風景が...

  • 2019.9.4

    愛野町にある首塚伝説

    1590年のルイス・フロイスの記録に千々石の司祭館の管轄にある「野井」という地名で現在の愛野町一帯が紹介されているなど、いち早くキリスト教が広まった地区の一つです。今はのどかなじゃがいも畑が広がる農村地帯ですが、可愛い教会堂と、キリシタンの伝説を秘め...

  • 2019.8.28

    万葉の里にある祈りの地

    新元号「令和」の出典となったことで注目されている万葉集。県内では五島市三井楽町が万葉の里として有名です。また、三井楽町は大村藩から移住した潜伏キリシタンが信仰を守り続けた地であり、禁教期に捕らえられたキリシタンを収容した牢屋跡地なども残されています。

  • 2019.8.21

    福江から富江経由で三井楽へ

    教会堂が多い五島市の中で、最も信徒数が多く、市内の教会の中心的な役割も担っている福江教会堂。美しい白亜のコンクリート造りの教会堂は、いつ見ても清々しく、荘厳な雰囲気を醸し出しています。今回は福江教会堂を見学した後、富江町経由で三井楽へ足をのばして...

  • 2019.8.14

    かつての「岬の教会」周辺をぶらり

    前回は、かつて南蛮船が来航した長崎港から樺島町周辺を散策しましたが、長崎が開港した翌年の1571年、町ができた岬の突端に小聖堂が建てられました。1601年には被昇天の聖母教会堂が完成し、日本のキリスト教の拠点となりました。今回は、岬の教会があったとされる...

  • 2019.8.7

    大波止周辺をぶらり

    長崎港は今から400年以上前、大村純忠によって開港され、南蛮船や唐船が頻繁に来航し、キリスト教をはじめたくさんの海外文化を運び入れた場所です。埋め立てが進み、波止場の位置などは変わってしまいましたが、今も大波止や樺島町付近を歩くと、キリスト教伝来当時...

  • 2019.7.31

    出津川から野道の墓地へ

    明治初期、外海に赴任したド・ロ神父は「隣人を自分のように愛しなさい」というキリスト教の教えを実践。深い人類愛で外海の人々のために力を注ぎ、一度も母国へ帰ることなく、1914年(大正3年)に74歳で逝去しました。今回は、出津文化村からド・ロ神父が眠る野道の...

  • 2019.7.24

    歴史の道から出津教会堂へ

    外海地区の中でも、やはり一番の見所はド・ロ神父が赴任して最初に建てた出津教会堂。1882年にド・ロ神父の設計施工で建てられた後、1891年に一部改造、1909年に玄関部を増築し、現在の教会の形が整えられました。100年以上の時を経てもなお美しい佇まいを見せる出津...

  • 2019.7.17

    ヴォスロール通りをぶらり

    明治初頭、潜伏キリシタンの歴史が残る貧しい外海地区の教会に赴任したフランス人のド・ロ神父。外海の人々を救済するため、私財を投げ打って社会福祉事業に貢献したド・ロ神父の存在は、今も「外海の太陽」として地元の人々の心に生き続けています。国選定重要文化...

  • 2019.7.10

    出津の漁港をぶらり

    国選定重要文化的景観にもなっている長崎市外海の石積集落景観は、主に畑作を中心とした集落の景観ですが、出津漁港周辺の漁業を生業とする人たちの集落にも石積みの美しい景観が残っています。今回は外海歴史民俗資料館を訪ねる前に、出津漁港周辺をぶらりと歩いて...

  • 2019.7.3

    西坂公園周辺をぶらり

    豊臣秀吉の禁教令により、1597年2月5日大阪や京都方面で活動していた宣教師と日本人信徒の計26名が処刑された西坂の丘は、世界的に知られるキリスト教の聖地。長崎駅のすぐ近くにありながら、季節の花が咲く落ち着いた雰囲気の公園は、散歩の途中の休憩スポットにも...

  • 2019.6.26

    「INRI」と刻まれた墓碑

    西海市西彼町平原にあるキリシタン墓碑は、平原を開拓した相川家一族の先祖で、 相川勘解由左衛門慰藤原義武の墓碑といわれています。相川勘解由は大村藩の家令で、松浦氏の家臣で形上一帯を領した武将 。西彼町キリシタン墓碑は、もともと形上にありましたが、子孫...

  • 2019.6.19

    お伊奈様ゆかりの自證寺へ

    お伊奈は、日本初のキリシタン大名・大村純忠の娘(洗礼名マリナ)で、家臣の浅田家に嫁ぎました。キリシタンの弾圧が激しくなると、浅田氏は大村藩の領地だった戸根に日蓮宗を装った庵をつくりました。お伊奈はそこで宣教師をかくまい、密かに宣教を行ったともいわ...

  • 2019.6.12

    小浜の2つのキリシタン墓碑

    400年以上前、日本にキリスト教が伝来した頃に活躍した宣教師ルイス・フロイスが「日本史」の中に書き残した「小浜の聖なる十字架」の話は、当時のヨーロッパで広く紹介されたと言われています。今回は、当時のキリスト教繁栄の歴史をうかがわせる雲仙市小浜町のキリ...

  • 2019.6.5

    久しぶりの雲仙地獄

    江戸時代、幕府は捕らえたキリシタンに対して改宗を迫り、1627年から1631年まで雲仙はキリシタン責めの場所となり、地獄につけたり熱湯を浴びせるなど、過酷な弾圧が行われ、多くの人が命を信仰に捧げました。今回は、5月に殉教祭を終えたばかりの雲仙の殉教地を訪ね...

  • 2019.5.29

    小浜キリシタン巡礼 (2)

    禁教期に小浜から雲仙地獄まで歩いて連れて行かれ、処刑されたキリシタンたち。前回は、石合浜から休憩所となった上の川湧水までの道のりを辿りながら、弾圧の歴史に思いをはせました。今回は小浜の温泉街を抜けたところから、殉教の道をたどってみました。

  • 2019.5.22

    小浜キリシタン巡礼 (1)

    温泉で有名な雲仙市小浜町にも、キリシタン弾圧の歴史が残っています。禁教期、長崎で捕らえられたキリシタンが茂木港から船で小浜に送られ、そこから雲仙まで歩いて連れて行かれ、地獄で処刑されたのです。今回から2週に分けて、小浜から雲仙までの道をたどりながら...

  • 2019.5.15

    海を望む天正遣欧使節像

    戦国時代、日本人として初めてヨーロッパに公式に派遣され、ローマ法王に謁見した天正遣欧少年使節。今年1月には彼らの物語が初めて実写ドラマ化され世界に発信されました(Amazon Prime Videoで配信)。今回は、改めて大村市にある天正遣欧少年使節像を訪ね、彼らの功...

  • 2019.5.8

    5周年の浦上キリシタン資料館へ

    「キリシタン弾圧」と「原爆」、2つの大きな受難を乗り越えてきた浦上キリシタン。今も平和町界隈を歩くと、その歴史の痕跡が点在しています。2014年5月5日に浦上天主堂からほど近い場所にオープンした「浦上キリシタン資料館」は、浦上の歴史を次の世代に語り次ぐ...

  • 2019.5.1

    諫早川を散歩して教会堂へ

    諫早は佐賀藩だったこともあり、歴史的にはキリスト教は根付いていませんが、昭和に入り宅地開発がされニュータウンができたことで信徒の数も増え、1932年に諫早小教区が創立され、1983年に現在の聖堂が改築・献堂されました。諫早の中心部の高台にあり、敷地からは...

  • 2019.4.24

    諫早公園とドラード像

    諫早市は旧佐賀藩諌早領であり、大村藩の大村市や有馬領の島原地方に比べてキリスト教の足跡が少ない土地柄です。しかし、キリスト教が繁栄した16世紀、諫早生まれの15歳の少年ドラードが天正遣欧少年使節に随行したという歴史が伝えられています。今回は、新緑の諫...

  • 2019.4.17

    聖フランシスコが見守る教会堂

    今週は諌早市高来町へ行ってきました。先週の小長井教会堂と同じく、多良岳の中腹の風光明媚な地に修道会と修道会が設立した社会福祉施設などがあり、その中に湯江教会堂があります。主に施設の利用者と職員のための教会堂で、見学に訪れたときも堂内では熱心にお祈...

  • 2019.4.10

    山茶花高原と小長井教会堂

    自然豊かな諌早市を代表する多良岳。その中腹に位置する山茶花高原の近くには、カトリックの修道院や福祉施設、教育施設が集まったエリアがあり、その中に小長井教会堂があります。春の心地よい日差しと爽やかな風を感じながら、小長井町に足をのばしました。

  • 2019.4.3

    オリーブの町の教会堂へ

    まちの中心を穏やかな長与川が流れ、山にはみかん畑が広がる風光明媚な長与町。長崎のベッドタウンとして発展し、今では県下で最も人口の多い町となりました。信徒数も多く、町の中心部に素晴らしいステンドグラスを備えた立派な教会堂が建っています。

  • 2019.3.27

    時津の歴史スポットと教会堂

    時津町は、かつては船待ちの港として栄えた古い港町。長崎街道の脇街道である時津街道が通り、たくさんの人や物が行き交いました。1970年代になると湾岸を中心に工場誘致が進み、また長崎市のベッドタウンとしても人口が増加。そのため滑石小教区の巡回教会として時...

  • 2019.3.20

    鷹島殉教地を眺める海岸

    時津港沖に浮かぶ鷹島は、1617年にドミニコ会の2人の神父が処刑された地です。宣教師たちの日本再潜入に火をつけた殉教といわれています。2人の神父は共に206福者となっています。今回は、その鷹島を最もよく眺められるスポットへ行ってみました。

  • 2019.3.13

    黒島の信仰復活の地へ

    江戸後期に黒島に移住してきた潜伏キリシタンたちは、大浦天主堂での「信徒発見」一報を受け、命がけで長崎に渡って宣教師に会い、黒島に600人のキリシタンがいることを報告。その後、密かに宣教師が来島し、黒島で初めてのミサが行われたのは1872年のことでした。

  • 2019.3.6

    マルマン神父のお墓へ

    1897年に黒島に赴任して黒島天主堂を建てたフランス人のマルマン神父は、1912年に黒島の地で亡くなるまで全身全霊で黒島信徒の司牧にあたりました。今でも黒島の信徒たちにとって偉大で特別な存在です。今回は、禁教期のキリシタンゆかりの地を巡ったあと、マルマン...

  • 2019.2.27

    黒島天主堂の資料館へ

    明治になってキリスト教が解禁されると、黒島の集落の全ての潜伏キリシタンはカトリックに復活。フランス人のペルー神父が赴任すると、1878年に木造の教会ができました。その後、1897年に着任したマルマン神父が設計し、現在の黒島天主堂が完成。黒島教会資料館では...

  • 2019.2.20

    保存修理間近の黒島天主堂へ

    佐世保市相浦桟橋から船で50分で到着する黒島は、かつて潜伏キリシタンが迫害を逃れて各地から移住した地。現在も島民の8割がカトリックという信仰の島です。この日はあいにくの雨でしたが、レンガ造りの荘厳な黒島天主堂はいつもと変わらない姿で迎えてくれました。

  • 2019.2.13

    信徒の祈りの場、大浦教会堂

    国宝であり世界遺産にもなった大浦天主堂に注目が集まっていますが、実際の信徒の祈りの場は、そのすぐそばにある大浦教会堂。大浦天主堂の聖堂に多くの観光客が訪れ、祈りの場に適さなくなった為、 1975年に大浦の信徒のために建設されました。南山手散策の途中に、...

  • 2019.2.6

    もうすぐ誕生日の大浦天主堂へ

    大浦天主堂は、1865年12月29日に工事が完了し、翌1865年2月19日にジラール神父をはじめ、フランス領事、長崎港内に停泊中のフランス、ロシア、オランダ、イギリス各国の軍艦艦長臨席のもとに盛大な献堂式が行われました。それから154年、世界遺産になって初めての誕...

  • 2019.1.30

    コルベ神父ゆかりの暖炉

    ポーランド出身のコルベ神父は、昭和5年に長崎に上陸し「聖母の騎士」を創刊。本河内に聖母の騎士修道院を設立しましたが、帰国後、ナチス軍に捕らえられ、アウシュヴィッツ収容所で死刑を宣告された1人の父親の身代わりとなって亡くなりました。今回は「身代わりの...

  • 2019.1.23

    ドンドン坂を登って

    洋館などが多く残り、国の伝統的建造物群保存地区にも指定されている長崎市の南山手地区。その中でもドンドン坂の上にあるマリア園は、美しい洋館として知られています。プティジャン司教の招きに応じて、フランスから来日した修道院が開設した「長崎センタンファン...

  • 2019.1.16

    坂の上の稲佐教会堂へ

    坂道が多い長崎市。高台にある教会堂へは公共交通機関が通っていないところも多く、高齢者にとっては通うのが大変です。稲佐教会堂もそんな教会堂の一つです(車は通行可能)。でもそのぶん、教会堂からの眺めは最高です。

  • 2019.1.9

    キリシタン神社に初詣

    「キリシタン神社」とは、キリシタンを御神体として祀っている神社のことで、日本では、伊豆大島の「おたいね大明神」、外海の「枯松神社」、そして今回ご紹介する淵神社の中にある「桑姫社」などが知られています。淵神社は長崎ロープウェイの駅が隣接しているので...

  • 2018.12.26

    岬のマリア像と恵比寿様

    船で長崎港へ入ると、玄関口で出迎えてくれる純白のマリア像は、信仰の歴史を刻む神ノ島のシンボル。航海の安全を見守る存在でもあり、神ノ島の漁師さんたちは船の中からマリア様に向かって手をあわせるそうです。

  • 2018.12.19

    クリスマスを前に神の島へ

    その名前の通り、高台に白亜の教会堂が建つ、カトリック集落の神ノ島。今は橋でつながっていますが、昔は船で渡っていました。禁教期には潜伏キリシタンが多く移り住み、殉教の歴史も刻んでいます。また信徒発見後に信仰復活のために活躍した熱心な信徒の足跡も残っ...

  • 2018.12.12

    三菱通りから飽の浦教会堂へ

    幕末に創業を開始した長崎造船所(長崎溶鉄所)は、明治から大正、昭和と巨艦や客船の建造で発展し、一時は長崎市の人口の3分の1以上を三菱の従業員とその家族で占めていました。県内外から人が集まり、その中には当然信徒も多くいたため、現在もりっぱな教会堂が建っ...

  • 2018.12.5

    岳集落のマリア様

    大村純忠の領地だった福田浦は、1565年から長崎開港の1570年の間、ポルトガル船が入港し、福田村には修道士や司祭が派遣され、教会堂も建てられるなど、キリスト教が繁栄しました。しかし、1614年の禁教令で長崎に集められた宣教師たちは福田浦からマカオ等へ追放さ...

  • 2018.11.28

    聖ルドビコ茨木に会いに行こう

    大崎温泉やくじゃく園などでも知られる川棚町。キリスト教は、戦後、オーストラリア人のF.フリン師の宣教により、一戸の信徒家族より出発し、1950年、教会・幼稚園・保育所の事業を開始、1952年にスカポロ外国宣教会に移管、1966年に現在の聖堂を建立しました。日本...

  • 2018.11.21

    マッターホルンを望むまち

    先週の東彼杵町から少し足をのばして川棚町を散策。川棚町は、九州のマッターホルンと呼ばれる虚空蔵山を望む風光明媚なまち。キリシタンの歴史もあり、町内のお寺の墓地には奇跡的に難を逃れたキリシタン墓碑が残っています。

  • 2018.11.14

    東彼杵町のおしゃれスポット

    お茶の産地として知られる東彼杵町は、近年新しいスポットが登場し、若い人たちからの注目を浴びています。その中でも海が見えるレトロな駅舎として知られる千綿駅と旧米倉庫をリノベーションして活用したショップ&カフェは大人気。実は、その旧米倉庫の隣にある小...

  • 2018.11.7

    彼杵宿をたずねて

    東彼杵町は、長崎街道の「彼杵宿」が置かれたところで、昔から交通の要衝として栄え、幕府の役人や長崎警備の福岡藩などの武士たち、オランダ商館長も行き来しました。また、日本二十六聖人が彼杵の海岸から船に乗せられ時津港まで送られたという歴史もあり、一行の...

  • 2018.10.31

    道案内をたよりに繁敷教会堂へ

    この地に移住した潜伏キリシタンが山を開墾し田を広げたことから、繁敷は「山ン田」と呼ばれ流ようになりました。最初の教会は山のふもとに建てましたが火事で焼失。再建した教会もダム建設で取り壊され、多くの信徒が島外に移住。残った信徒が山奥のわずかな土地に...

  • 2018.10.24

    やっと渡れた嵯峨島

    嵯峨島は貝津の西方沖合に浮かぶ周囲12kmの小さな島。島民の3分の1はカトリックで、先祖は、江戸時代に大村藩から逃れてきた潜伏キリシタンです。復活後、最初は信徒の家を利用してミサが捧げられていましたが、1918年に教会堂が完成。今回は、今年10月に創建100周年...

  • 2018.10.17

    潮風を浴びながら貝津教会堂へ

    外海から移住した信徒の子孫によって1924年に建てられた貝津教会堂。五島市三井楽町にある3つの教会堂のうちの一つで、1952年に岳小教区から独立し貝津小教区となりました。1962年に大幅な増改築がなされたものの創建当時の面影が残る素朴な木造教会。美しいステン...

  • 2018.10.10

    マリア色の福江教会堂へ

    福江教会は、明治以降、旧福江城下に五島各地から信徒が集まり、1914年に堂崎小教区から独立。現在、下五島地区では信徒数が最も多く、市内の教会の中心的な役割も担っています。現教会は、1962年建立。同年の福江大火では街中が被害にあいましたが、この教会だけは...

  • 2018.10.3

    五島の武家屋敷通りを歩く

    江戸時代に建てられた武家屋敷の石垣が残る五島市の武家屋敷通り。周辺には、五島高校や福江文化会館、五島市図書館、五島観光歴史資料館があり、五島市の文化ゾーンとなっています。今回は、キリシタン関係の展示がリニューアルしたという五島観光歴史資料館を訪ね...

  • 2018.9.26

    かつてキリスト教が栄えた神浦へ

    神浦(こうのうら)地区は、外海で最初にキリスト教が栄えたところ。神浦8代城主、神浦正信は大村家の家臣となり、1571年に受洗。神浦はキリスト教が栄え、教会堂はもちろんレジデンシア(支部修道院)が設置された時期もありました。今回は神浦にかすかに残るキリスト...

  • 2018.9.19

    久しぶりの大野教会堂

    外海地区の山間にひっそりと立つ大野教会堂は、世界文化遺産に登録された構成資産の一つ「外海の大野集落」の中にある教会堂。通常は利用されておらず、一年に一度、ミサが行われていますが、世界遺産登録によって観光客は増えているようです。今回は、そんな大野教...

  • 2018.9.10

    リニューアルした遠藤周作文学館

    外海とゆかりの深い作家・遠藤周作の遺品・生原稿・蔵書等に出会える長崎市遠藤周作文学館が、遠藤周作生誕95周年を記念して2018年7月に全館リニューアルし、旧喫茶スペースも「思索空間アンシャンテ」として新たにオープン。さっそく訪ねてみました。

  • 2018.9.5

    外海の小さな資料館へ

    外海地区は、昔は交通の便が悪かったため「陸の孤島」と呼ばれていました。そのため役人の目が届きにくく、禁教期はキリシタンの潜伏地となりました。特に、黒崎地区は潜伏キリシタンの歴史が色濃く残る場所。2017年3月には、地元のキリシタンの歴史を公開するための...

  • 2018.8.29

    西町から滑石教会堂へ

    長崎市の西町小教区は、1959年に浦上小教区から分離した800人の信徒で発足。現在は扇型の美しい教会堂が建てられています。一方、滑石小教区は滑石団地の開設に伴い1970年に設立され、現在の二つの塔屋、双塔を持つ教会堂は2008年に建てられました。どちらも子どもた...

  • 2018.8.22

    高島のアンゼラスの鐘

    前回から引き続き長崎港沖の高島をぶらり。高島のカトリックの先祖は、宝暦年間に外海の樫山地区から、迫害を逃れて移住した潜伏キリシタンといわれています。その後、炭鉱の発展とともに信徒数も増加しましたが、1987年の閉山に伴い激減。2004年から馬込小教区の巡...

  • 2018.8.15

    高島で見つけたタイル

    長崎港沖に浮かぶ高島は、世界遺産に登録された軍艦島と同じようにかつては炭鉱の島として栄え、グラバーが炭鉱開発のため邸宅を建てた歴史もあります。現在は、高島炭鉱資料館でその歴史をしのぶことができますが、なんとその展示品の中に教会にゆかりのあるものを...

  • 2018.8.8

    8月9日を前に、浦上天主堂へ

    今から73年前、原爆が長崎に投下。「東洋一の聖堂」と称された浦上天主堂は無残にも破壊され、天主堂内にいた神父と信徒は即死、浦上地区に住んでいた約1万2000人の信徒のうち、約8500人が原爆の犠牲になりました。今も原爆の爪痕を残す浦上天主堂を、8月9日の「長崎...

  • 2018.8.1

    新しい風が吹く伊王島へ

    江戸時代、外海などの潜伏キリシタンが移り住んだといわれている伊王島は、現在もカトリックの島として知られる一方で、リゾートの島として生まれ変わりました。2018年春には宿泊施設がさらにリニューアル、夜のアトラクションなども加わり注目を集めています。今回...

  • 2018.7.25

    花十字紋のキリシタン墓碑

    南島原市は国内でもキリシタン墓碑が多い地域として知られています。2012年に発刊された「日本キリシタン墓碑総覧」に掲載されている国内202基の墓碑のうち、なんと114基が南島原市に存在。今回はその中から、北有馬町にある墓碑を訪ねながら、周辺の名所にも足を運...

  • 2018.7.18

    日野江城跡から有馬川殉教地へ

    戦国時代、有馬氏の居城であり、華やかな城の様子が宣教師の記録にも残されている日野江城。キリスト教が栄えた時代は城下にセミナリヨが開設されるなど、布教の拠点となりました。しかし、禁教期に入ると、厳しい弾圧により殉教の舞台となるなど、悲しい歴史も刻ん...

  • 2018.7.11

    原城周辺をぶらり

    世界文化遺産の原城跡は、島原・天草一揆の舞台として昔から知られていますが、訪れる際には、近くにある有馬キリシタン遺産記念館で軽く予備知識を入れておくのがコツ。そうすると、原城跡を何倍も興味深く見ることができますよ。せっかくなので、周辺も散策してみ...

  • 2018.7.4

    山道をたどって、2つの教会堂へ

    今回は平戸島に車を走らせ、布教当時からの信仰の歴史を刻む中野地区や、江戸後期に外海から上五島に渡った信徒が再移住したとされる山野地区を訪ねてみました。ほとんど信徒だけが住むという2つの小さな集落には、今も熱心な信徒たちにより大切に守られている教会...

  • 2018.6.27

    ザビエルゆかりの公園

    フランシスコ・ザビエルは、1550年に平戸に来航。領主松浦隆信の許しを得て、キリスト教の布教に当たりました。その後一旦平戸を離れるものの、短い日本滞在の中で3度平戸を訪ねています。その足跡を後世に残そうと、平戸の崎方公園にはザビエルの記念碑が立てられて...

  • 2018.6.20

    かつての西の都フィランドへ

    16世紀、平戸は『西の都フィランド(Firando)』と呼ばれ、ポルトガルや中国、オランダ、イギリスなどを相手に、貿易港として栄えました。キリスト教を伝えたザビエルも、ポルトガル船に乗って平戸に来航。今でも平戸市内のあちこちには、当時をしのぶ史跡が残されてい...

  • 2018.6.13

    凛々しい原マルチノ像

    今回は天正遣欧使節の一人、原マルチノの出身地である東彼杵郡波佐見町へ行ってみました。マルチノは使節の中では最年少でしたが、有馬のセミナリヨに通う頃から優秀で、特に語学に長けており、ローマからの帰途のゴアでラテン語の演説を行ったといわれています。

  • 2018.6.6

    ミゲル像、みっけ!

    前回は千々石ミゲルの生誕地である雲仙市千々石町の釜蓋城址などを訪ねましたが、千々石町には他にも千々石ミゲルゆかりの場所があります。散策の途中、故郷の「偉人」として大切にされていることが実感できる銅像に出会いました。

  • 2018.5.30

    千々石ミゲル生誕の地へ

    天正遣欧少年使節の一人としてローマに渡った千々石ミゲル。帰国後、イエズス会に入会するも、脱会し、さらには棄教したと伝えられていましたが、近年千々石ミゲルの墓と思われる場所からロザリオ等が出土したことなどから、本当は棄教していなかったのでは?と波紋...

  • 2018.5.23

    愛のまちの教会へ

    ジャガイモの産地として知られ、赤土の大地が広がるのどかな愛野町。1590年のフロイスの記録にある、千々石の司祭館の管轄にある「野井」という地は、愛野教会堂がある一帯を指しているといわれています。今回は、そんな愛野の小さな丘に建つ、可愛い教会堂を訪ねて...

  • 2018.5.16

    雨の日の富岡城

    富岡城は天草の領主・肥前唐津藩の寺沢志摩守広高によって1604年に築かれました。天草四郎が率いる一揆軍の2度にわたる猛攻撃にも落城せず、やむなく一揆軍は島原へと渡って行ったと伝えられています。平成になってから復元されたという富岡城へ行ってみました。

  • 2018.5.9

    根引きの子部屋へ

    1887年、天草のフェリエ神父は、貧しさの中で食べ物に困っている子どもたちを引き取り、根引山を開拓し、自立を促すための孤児院を建設。「根引きの子部屋」と呼ばれていたそうです。時間が流れ、孤児院跡が発見されたのは1960年代のこと。現在は地元の信徒たちによ...

  • 2018.5.2

    今富集落を歩く

    江戸時代の干拓によって田畑が築かれ、農業を生業としながら密かに信仰を守っていた今富集落。キリスト教が解禁されても、多くはカトリックへ復帰せず、「かくれキリシタン」として信仰を続けますが、指導者である帳方が途絶え信仰は衰退。しかし現在も、キリシタン...

  • 2018.4.25

    チャペルの鐘の展望台へ

    天草灘の入江にある小さな漁港・﨑津。日本の原風景ともいえる漁師まちの風景に、西洋の教会堂が融合した独特の景観は、訪れる人を魅了し続けています。その美しい景観を高い場所から眺望できるのが、約600段の石段を登ってたどり着くチャペルの鐘展望公園。ちょっと...

  • 2018.4.18

    﨑津の海上マリア像

    﨑津集落の海岸にある、海に向かって立てられたマリア像。ここを往き来する船人、漁人たちの海の道しるべであり、心の灯となるように建立されました。漁に出る信徒たちは必ず行きと帰りに船から手を合わせるそうです。美しい白亜のマリア様に会いに行って来ました。

  • 2018.4.11

    久しぶりの﨑津集落

    2018年の世界遺産登録を目指す﨑津集落は、ここ数年間のうちにあちこちに新しい施設が誕生。資料館や案内所、駐車場やトイレなども整備され、以前よりも快適に散策ができる環境になっています。今回は、そんな﨑津集落の新しい施設を尋ねてみました。

  • 2018.4.4

    天草布教はじまりの地 

    口之津からアルメイダ修道士が渡って、1566年に布教が開始された天草。豊臣秀吉から天草支配を任された小西行長の庇護のもとでキリスト教が繁栄し、コレジヨなどもできました。今回は、アルメイダが初めて天草に上陸した河浦町周辺を訪ねてみます。

  • 2018.3.28

    三浦海岸を通って鈴田牢跡へ

    禁教期にはキリシタンが収容された牢屋が各地にありましたが、大村市の鈴田牢は、周囲も天井も竹の柱で囲まれた鳥籠のような部屋で、広さは奥行6.6m、間口4.6m、横に寝ることも身動きさえ自由にはできなかったと伝えられます。

  • 2018.3.21

    郡崩れゆかりの仏の谷

    1657年、大村領内で「郡崩れ(こおりくずれ)」という事件が起こりました。郡村を中心にキリシタン608人が捕らえられ、取り調べ中に78人が死亡、20人が永牢(終身刑)、411人が斬首という厳しい処罰が下されました(人数については諸説あり)。今回はその発端となっ...

  • 2018.3.14

    大村純忠終焉の地から植松教会堂へ

    バルトロメウという洗礼名を持った大村の領主・大村純忠。長崎に港を開き、キリシタンの町を作り、戦いに明け暮れた純忠。晩年は、病に伏せ、大村の地で静かに祈りの毎日を過ごしたと言われています。今回は純忠の終焉の地と植松教会堂を訪ねてみました。

  • 2018.3.7

    大村で最初の殉教地へ

    日本初のキリシタン大名・大村純忠の拠点であった大村は、領民のほとんどがキリシタンでした。そのため、禁教令が出されても信仰を守り続ける人が多く、殉教者もたくさん輩出しています。今回は、郡崩れ以前の歴史をたどってみました。

  • 2018.2.28

    その名は、平戸ザビエル記念教会堂

    日本の美しい教会としても名前の挙がる平戸ザビエル記念教会堂。1913年に創建された平戸教会が最初で、1931年に現在地に建設。1971年に聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂となり、さらに近年、正式名称を「平戸ザビエル記念教会」に改称しました。

  • 2018.2.21

    松東院メンシアの墓へ

    大村純忠の娘で自身も敬虔なカトリックだったメンシア。政略結婚でキリスト教嫌いの松浦家へ嫁いでからは、棄教をせがまれながらも、頑なに拒否し、信仰を守りつづけました。その陰には、夫久信の深い愛情と理解がありました。今回は、そんなメンシアのお墓を訪ねて...

  • 2018.2.14

    フロイス通りを歩いて

    毎年、旧正月の時期は、長崎市ではランタンフェスティバルが開催されます。出島の表門橋の完成で、その周辺を歩かれる方も多いことでしょう。今回は、かつてミゼリコルディアがあったフロイス通りから出島まで、キリスト教繁栄の歴史を物語る場所を歩いて見ましょう。

  • 2018.2.7

    等身大のマリア像?

    佐世保市の中心を通る広い国道に面し、奇抜なデザインが目を引く俵町教会堂。教会堂の隣には幼稚園、近くには地域密着型の俵町商店街という賑やかな環境にあり、冬はイルミネーションでさらに注目を集めます。

  • 2018.1.31

    烏帽子岳をぶらり

    佐世保富士とも呼ばれ、佐世保市内で一番高い山が烏帽子岳。西海国立公園にも指定されている山頂から少し下った標高430mの高台にあるのが烏帽子教会堂。戦後、平戸の紐差地区から烏帽子岳の開拓地に移住した信徒たちのために建てられたという教会堂です。

  • 2018.1.24

    本陣屋敷が残る江迎へ

    参勤交替の折、平戸藩主が宿泊した一番目の宿(本陣屋敷)が残る佐世保市江迎町。戦後は北松炭鉱の一つとして栄え、信徒も多く移住。最初は炭鉱住宅を仮聖堂として使用していましたが、1952年に地元の景勝地である潜竜ヶ滝から名をとった潜竜教会堂が建てられました。

  • 2018.1.17

    浅子教会堂から横浦へ

    平戸や黒島、五島、西彼杵半島など、海との関わりが深かった信徒たちは、移住先に海沿いの土地を選んだ人が多かったようです。今回たずねた浅子教会堂や横浦教会堂も海のそばにある教会堂です。

  • 2018.1.10

    高台に立つ白亜の相浦教会堂へ

    佐世保は1900年代初頭に平戸や西彼杵半島から移住した信徒によって創建された教会堂が多く、戦後は炭坑が始まったことでさらに移住者が増えました。そんな移住の歴史をたどりながら、教会堂をめぐってみましょう。

  • 2017.12.27

    九十九島を眺めながら船越教会堂へ

    九十九島(くじゅうくしま)を望む高台の展望スポットはいくつもありますが、一番気軽に行けるのが船越展望所。今回はそこからスタートして、高台にある船越教会堂を目指します。

  • 2017.12.20

    潮風に吹かれて、鹿子前教会堂へ

    九十九島パールシーリゾートがある鹿子前地区には、黒島、平戸、五島から移住して軍関連や漁業に携わる信徒のために1953年に創建された鹿子前教会堂があります。海からの心地よい風を感じながらぶらっと行ってみました。

  • 2017.12.13

    佐世保のシンボル、三浦町教会堂

    佐世保の駅前にどーんとそびえる三浦町教会堂。昭和6年に建てられ、1945年の佐世保大空襲にも負けず、奇跡的に生き残りました。今回は、そんな佐世保のシンボルとも言える三浦町教会堂をたずねます。

  • 2017.12.6

    針尾瀬戸を眺めて早岐へ

    佐世保市の東南部にあり、昔から交通の要衝として栄えて来た早岐。2014年にJRの駅がリニューアルして以来、ますます便利な街になっています。今回は、そんな早岐に昭和30年代に創建された教会堂をたずねてみました。

  • 2017.11.29

    まだれいなの墓参り

    キリシタン信仰が盛んだった島原半島には100あまりのキリシタン墓碑が見つかっていますが、その中でも一番美しいとされているのが「まだれいなの墓」。その近くには沖田畷の戦いの前夜に龍造寺隆信が過ごしたという寺中(三会)城跡もあります。まだれいなのお墓参り...

  • 2017.11.22

    白土湖と眉山を望む島原教会堂へ

    島原半島にはキリシタン遺跡や殉教地などがたくさんありますが、島原・天草一揆でキリシタンが根絶されたこともあり、現在も教会堂の数は少なく、島原市内にあるのは島原教会堂のみ。別名は「島原半島殉教者記念聖堂」といいます。過去の悲しい歴史を偲びながら、訪...

  • 2017.11.15

    キリシタンゆかりの島原城へ

    1618年より、松倉重政が島原城の築城を開始。4万石の大名としては立派すぎる城であったため、民衆は多大な負担を強いられ、さらには2代目勝家の圧政、キリシタンへの迫害、飢饉も重なり、耐えかねた民衆は1637年の島原・天草一揆を起こしました。その発端となった島...

  • 2017.11.8

    殉教の歴史を刻む有明海

    禁教期、島原半島での厳しすぎるキリシタン弾圧で、領民から「悪魔」と呼ばれた松倉氏。徳川家光の時代になるとさらに激しさを増し、棄教しない領民への残虐な拷問が繰り返されました。今は静かで落ち着いた城下町の面影を残す島原市内で、刑場跡や殉教地を訪ねてみ...

  • 2017.11.1

    十字架が立つ金山城跡へ

    1602年、肥後(熊本)出身のキリシタンで武士の結城弥平次は、有馬晴信の招へいで国見の金山城の城主となり、布教活動が行われました。しかし、晴信の子、直純の時代になると弾圧が激しくなり、弥平次は家来や家族と共に追放され、金山城は廃城となります。秋の気配...

  • 2017.10.25

    打折峠から渕ノ元へ

    下五島にキリシタン弾圧の嵐が吹き荒れた明治初期、打折(うちおり)の信徒も捕えられ、水ノ浦の牢に入れられました。解禁後、打折の集落には長い間教会堂がなく、信徒たちは日曜のミサに参加するため、徒歩で2時間かけて楠原教会堂に行くか、船を漕いで水ノ浦教会...

  • 2017.10.18

    荒川から井持浦教会堂へ

    井持浦教会が建っている玉之浦一帯は、五島に迫害の嵐が吹き荒れた明治初期、唯一迫害を逃れた地区です。島の中心地から非常に遠い場所にあったこと、当時、玉之浦では藩の財政に重要な塩の生産(キリシタンが従事)が行われていたことなどが、迫害を逃れた要因では...

  • 2017.10.11

    玉之浦教会堂を訪ねて

    五島市の中心市街地から車で約1時間。絶景の地、大瀬崎断崖(灯台)からほど近い玉之浦町の中心地に位置する玉之浦教会堂。仏教徒が多い玉之浦港付近に移住した信徒のために1962年に建てられました。車を停めて、漁船が停泊するのどかな海岸沿いを散歩しました。

  • 2017.10.4

    半泊教会から間伏集落へ

    福江島の北西部にある半泊(はんどまり)集落。江戸末期、大村藩から数家族の潜伏キリシタンがやってきましたが、全員が住み着くには狭すぎたため、半数だけがここにとどまったことから「半泊」と呼ばれるようになったと言われています。そこからさらに北へ進み、間...

  • 2017.9.27

    戸岐大橋を渡って宮原教会堂へ

    奥浦地区の宮原は、大村藩から移住したキリシタンが潜伏した集落の一つ。復活後は1885年にペルー神父が巡回しミサを捧げ、当時の総代など十数人が洗礼を受けたと伝えられています。現在の教会堂は昭和45年に信徒たちが資金を出しあって改築、今も大切に守られています。

  • 2017.9.20

    五島カトリック復活の地・奥浦へ

    1797年以降、五島へ移住した潜伏キリシタンは、六方の浜に上陸後、奥浦地区では平蔵、浦頭、宮原、大泊、堂崎、観音平、半泊、間伏などに住み着きました。それぞれ苦労しながら信仰を守り続け、明治になって禁教の高札が撤廃されるとカトリックに復帰。奥浦地区は、...

  • 2017.9.13

    楠原教会堂を訪ねて

    楠原地区は、大村藩から移住した潜伏キリシタンの第一陣が開墾したといわれる土地の一つ。五島崩れの際は楠原の信徒たちも捕らえられ、牢で苦難の日々を過ごしました。1912年に建立した楠原教会堂は、どっしりとしたレンガ造り。その重厚感は、信徒たちが命をかけて...

  • 2017.9.6

    水ノ浦教会堂を訪ねて

    江戸時代末期、大村藩から五島に移住した潜伏キリシタンのうち、水ノ浦には5人の男性とその妻子が移住しました。信徒発見後、同年11月には信徒の代表がプチジャン神父と面会。厳しい弾圧を経てカトリックに復帰し、明治13年に最初の教会堂が完成、現在の教会堂は昭和...

  • 2017.8.30

    大島大橋を渡って(2)

    前回は大島の中心部をぶらっとしましたが、今回は島の西側の静かな漁師町にある太田尾教会堂をめざします。太田尾漁港付近から細い坂道をのぼった先にある美しい教会堂で、設計者は不明ですが、堂内の造りに特徴がある見応えのある教会堂です。

  • 2017.8.23

    大島大橋を渡って(1)

    大島のキリスト教の歴史は、文政年間(1820年頃)に外海地方の潜伏キリシタンが移住してきたことに始まりますが、解禁後にカトリックに復帰する人は少なく、少数の信徒が家御堂で礼拝行事を行っていました。ようやく信徒が増え、教会堂が創建されたのは昭和になって...

  • 2017.8.16

    中浦ジュリアンの故郷へ

    天正遣欧少年使節の一人、中浦ジュリアン。現在の西海市中浦に生まれ、有馬のセミナリヨで学んだあと、天正遣欧少年使節の副使に選ばれて渡欧。ヨーロッパ各地で大歓迎を受けたものの、帰国後は波乱
    の人生が待ち受け、最後は西坂で殉教しました。今回はジュ...

  • 2017.8.9

    R202を通って大瀬戸へ

    長崎から海沿いを走る国道202号線は、サンセットオーシャン202と呼ばれる人気のドライブルート。天気の良い日は、海の向こうに、かつて潜伏キリシタンが新天地を求めて移り住んだ五島列島が望めます。今回はR202を通って大瀬戸をめざします。

  • 2017.8.2

    赤岳のふもと、樫山地区へ

    バスチャンゆかりの神山として潜伏キリシタンに崇拝されていた赤岳のふもとにある樫山地区。江戸時代の樫山は、大村藩の西樫山と佐賀藩(深堀領)の東樫山に分かれ、比較的取り締まりが緩やかだった東樫山には多くのキリシタンが潜伏しました。

  • 2017.7.26

    もう一つの平和と祈りのゾーン

    8月の原爆記念日を前に、平和祈念館として開放されている城山小学校とその周辺を訪ねてみました。
    被爆当時この一帯はすべて焼け野原となりましたが、その後見事に復興を遂げました。このエリアにある城山教会堂は、市内屈指の美しい教会で、信徒数も2500人...

  • 2017.7.19

    潜伏キリシタンゆかりの赤岳

    赤岳は長崎市樫山町にある、赤い岩肌が特徴の山。昔からバスチャンの椿があるキリシタンの聖地とされ、赤岳に三度お参りするとローマにお参りしたことになるという言い伝えもあった場所です。その赤岳を望む新長崎漁港付近に行ってみました。

  • 2017.7.12

    北松炭田で栄えたまちへ

    旧北松浦郡の町と松浦市は、かつて炭坑で栄えたまち。明治中頃、信徒の中にも、外海や黒島、五島などから働き口を求めて移住する人たちが増え、教会堂も建てられました。今回はかつての炭坑のまちに立つ教会堂を訪ねてみました。

  • 2017.7.5

    海を望む山間にひっそりと…

    平戸市の古江湾を見下ろす山間に立つ古江教会堂。正直、「ぶらり」と行ける教会堂ではなく、山道を車で走っていて、何度も「この道かな?」と不安になりました。でも、たどり着いた教会は、今も信徒さんに大切に守られていることが実感できる教会堂でした。

  • 2017.6.28

    田平から平戸大橋を通って

    田平と平戸島をつなぐ平戸大橋。今回は、平戸大橋を通って2つの教会を訪ねてみました。どちらも明治中期からの信徒の移住によって創設された教会です。教会めぐりの合間に、平戸瀬戸を眺めながら、おいしいランチをいただきます。

  • 2017.6.21

    開拓地に建つレンガの教会堂

    今回は、鉄川与助の教会建築の集大成とも言われる田平天主堂を訪ねました。天主堂が建つ瀬戸山地区は、1886年以降、黒島や外海から移住した信徒たちによって開拓された場所です。

  • 2017.6.14

    鳥が羽ばたく姿の教会堂へ

    今回は佐世保市の中里皆瀬地区へ。江戸時代は平戸往還の中里宿が置かれ、賑わった場所です。明治以降は炭鉱が栄え(昭和中期に閉山)、住宅地の開発が進んだことで、キリスト教信徒も多く移住。1970年に地区の高台に皆瀬教会堂が建てられました。

  • 2017.6.7

    紫陽花が咲く中島川界隈(2)

    5月下旬から6月上旬まで「ながさき紫陽花まつり」が行われている中島川界隈。中島川を上流に向かってぶらぶら歩いていると、神社と隣同士の教会堂をはじめ、このエリアならではの長崎らしいスポットに出合えます。

  • 2017.5.31

    紫陽花が咲く中島川界隈(1)

    長崎を代表する観光スポット・眼鏡橋が架かる中島川界隈にもキリシタンゆかりの場所が残っています。5月下旬から6月初旬にかけて開催される「ながさき紫陽花まつり」を見ながら、ぶらりと歩きましょう。

  • 2017.5.24

    雲仙の殉教地を訪ねて(2)

    雲仙地獄は、1627年~1631年まで、島原城主・松倉重政がキリシタンを改宗させるために拷問や処刑を行った地。硫黄の匂いと湯けむりに包まれながら、殉教碑が立つ場所を訪ねてみました。

  • 2017.5.17

    雲仙の殉教地を訪ねて(1)

    長崎県を代表する観光地であり、国立公園に指定されている雲仙。その歴史をたどると、1600年代には多くのキリシタンが殉教した聖地でもあります。今回は、南串山町から農道を通って、殉教地がある雲仙の温泉街を訪ねます。

  • 2017.5.10

    かつての宿場町、東長崎地区を訪ねて(2)

    先週訪ねた東望地区から約3キロ離れた古賀地区も、かつてはキリスト教が盛んだったところ。ルイス・フロイスの「日本史」には、1593年頃には全住民がキリシタンであったと書かれています。

  • 2017.5.3

    かつての宿場町、東長崎地区を訪ねて(1)

    長崎市の東長崎地区は、江戸から陸路で長崎に入るときの玄関口にあたる宿場町として栄えました。
    また、1570年頃にはキリシタン大名、有馬氏の保護を受けてキリスト教が発展。禁教期には殉教者も多く出ています。

  • 2017.4.26

    長崎が小ローマだった頃の教会跡2

    前回は、禁教令によって破壊された山のサンタマリア教会跡とトードス・オス・サントス教会堂跡をたずねましたが、今回は長崎に初めて建てられた教会の跡地を訪ねます。

  • 2017.4.19

    長崎が小ローマだった頃の教会跡1

    南蛮貿易が栄えた頃の長崎は、市中に多くの教会が建てられ、その風景はまさに小さなローマのようだったと記録に残っています。禁教期に全てが壊され、今は跡地に碑が立つのみですが、その場所を訪ねると、当時の長崎に思いを馳せることができます。

  • 2017.4.12

    16人の聖人に会いにいこう

    長崎駅から少し歩くと見えてくる白亜の中町教会堂。ステンドグラスが美しいことでも知られています。聖トマス西と15殉教者に捧げられた教会で、敷地内には16人の記念碑が立てられています。

  • 2017.4.5

    世にも貴重な資料館へ

    みなさんもよくご存じの長崎市西坂公園にある日本二十六聖人殉教記念碑。今回は、その裏側にある日本二十六聖人記念館を訪ねてみました。日本有数のキリシタン資料館で、殉教者ゆかりの品を中心に、貴重な資料が展示されています。

  • 2017.3.29

    コルベ神父の心が息づくまち

    諫早教会堂から湯江教会堂、そして小長井教会堂へ。多良岳のふもとにある教会や修道院には、長崎市本河内を拠点に布教活動を続けたコルベ神父の愛の心が息づいていました。

  • 2017.3.22

    天正遣欧使節に同行した諫早生まれの少年

    今週と来週の2回は早春の諫早市をめぐる旅。1回目は、新鮮な野菜や海の幸が揃った農家直売所を起点に諫早図書館にあるコンスタンチノ・ドラード像、そして諫早教会堂に建つ聖パウロ三木像に出会いました。

  • 2017.3.15

    最後を締めくくる四つの教会堂

    上五島(ごとう)には29の教会堂があり、その一つひとつに独自の歴史が息づいています。今回のぶらり旅は少々急ぎ足でしたが、海を渡ってこの地に移り住んだ人々の想いにもふれることができました。最後は高井旅(たかいたび)教会堂、福見(ふくみ)教会堂、浜串(...

  • 2017.3.8

    桐教会堂と高井旅教会堂

    日島(ひのしま)から有福(ありふく)島、若松(わかまつ)島を通って再び中通(なかどおり)島に入り、桐(きり)教会堂、高井旅(たかいたび)教会堂を訪れました。外海(そとめ)から移り住んだ人々が信仰を守り続けたのは美しい入江や海岸が見える場所でした。

  • 2017.3.1

    二つの教会堂と石塔群

    土井ノ浦(どいのうら)教会堂にあるカリスト記念館、風の聖母ルルドを訪れたあと、車を北西に走らせて有福(ありふく)教会堂へ。さらにそこから日島(ひのしま)に向かい、約70基の石塔が並ぶ壮大な景観を楽しみました。

  • 2017.2.22

    中通島から若松島へ

    中ノ浦(なかのうら)教会堂から若松大浦(わかまつおおうら)教会堂、若松大橋を渡って土井ノ浦(どいのうら)教会堂へ。徐々にピッチが上がってきた教会堂めぐりもいよいよ中通(なかどおり)島から若松島へとたどり着きました。

  • 2017.2.15

    穏やかな入江のそばの聖堂

    猪ノ浦(いのうら)教会堂から焼崎(やきざき)教会堂、真手ノ浦(まてのうら)教会堂、中ノ浦(なかのうら)教会堂へ。人里離れた静かな入江のそばに建つ教会堂は、海とともに生きる信徒たちにとってこの上ない心休まる祈りの場だったのでしょう。

  • 2017.2.8

    共同墓地の花々が語るもの

    跡次(あとつぎ)教会堂がある高台から上五島(ごとう)石油備蓄基地を望み、教会堂の下にある共同墓地へ。そこから山道を通って猪ノ浦(いのうら)教会堂を訪れました。ここにも共同墓地あり、供えられた花々に信徒の皆さんの厚い信仰と優しい想いを感じたのでした。

  • 2017.2.1

    三つの教会堂めぐり

    信徒の集団移転によりつくられた大規模な青方(あおかた)教会堂、造形美に優れたレンガ造りの大曽(おおそ)教会堂を訪れ、五島(ごとう)うどんやかんころ餅など地元の特産品も販売している農林水産直売所へ。さらに跡次(あとつぎ)教会堂をめざしました。

  • 2017.1.25

    大自然の造形美を堪能

    矢堅目(やがため)の夕陽が見える場所から移動して冷水(ひやみず)教会堂を訪れ、矢堅目公園へ。大自然がつくりだす造形美を楽しんだあとは、宿舎で五島(ごとう)列島ならではのグルメを味わいました。

  • 2017.1.18

    紺色の海に浮かぶ島々

    米山(よねやま)教会堂から足を伸ばして津和崎(つわざき)灯台へ。風は強くて冷たいけれど、紺色の海に浮かぶ島々の景色は素晴らしい。灯台から南に向かう車から見えた野崎(のざき)島。険しい山道を歩いて訪れた舟森(ふなもり)集落跡の思い出がよみがえってき...

  • 2017.1.11

    山間に建つ赤い屋根の教会堂

    江袋(えぶくろ)教会堂から赤波江(あかばえ)教会堂、仲知(ちゅうち)教会堂へ。比較的自然条件に恵まれた平地や、湧き水のある場所を見つけて移住しようとした信徒たち。しかし、信仰を守るためにはあえて厳しい山間地を選ばざるを得なかったのかもしれません。...

  • 2017.1.4

    文化的景観の中にたたずむ教会堂

    国選定重要文化的景観にもなっている北魚目(きたうおのめ)。漁業集落と農業集落という二つの対局的な景観の中に、カトリック復帰後の人々が待ち望んだいくつかの教会堂があります。大水(おおみず)教会堂から小瀬良(こぜら)教会堂、江袋(えぶくろ)教会堂を訪...

  • 2016.12.28

    東シナ海の絶景に酔いしれて

    青砂ヶ浦(あおさがうら)教会堂から曽根(そね)教会堂、大水(おおみず)教会堂をめぐった今回のぶらり旅。ちょっと急ぎ足でしたが、心休まるルルドを訪れ、おいしいランチをいただき、東シナ海の絶景を堪能した大満足のコースでした。

  • 2016.12.21

    丸尾教会堂から青砂ヶ浦教会堂

    旧鯛ノ浦(たいのうら)教会堂から丸尾(まるお)教会堂、そして青砂ヶ浦(あおさがうら)教会堂へ。丘の上に建つ教会堂のもう一つの魅力は、そこから眺める家々と海の風景。人々の営みの中に “祈り”が息づいています。

  • 2016.12.14

    ブレル神父の足跡

    いくつかの顕彰碑をめぐってブレル神父やドミンゴ森松次郎に想いを馳せたあと、旧教会堂の下にある鯛ノ浦(たいのうら)教会堂へ。そこから悲しい歴史が刻まれた共同墓地へと向かいました。

  • 2016.12.7

    旧鯛ノ浦教会堂をめぐる

    長崎(ながさき)港から船で新上五島(ごとう)町の鯛ノ浦(たいのうら)港へ。そこから車で約5分、多くの観光客や巡礼者が訪れる旧鯛ノ浦教会堂を訪れました。

  • 2016.11.30

    堂々たる馬込教会堂

    伊王島(いおうじま)にある大明寺(だいみょうじ)教会堂から小さな橋をわたって沖之島(おきのしま)の馬込(まごめ)教会堂へ。海を見下ろす丘に建つ白い聖堂は人々の暮らしを見守るように、優しくそして力強く青空にそびえていました。

  • 2016.11.23

    伊王島大橋をわたる

    深堀(ふかほり)から香焼(こうやぎ)に向かい、香焼教会堂を訪れたあとは伊王島(いおうじま)大橋を渡って伊王島へ。迫害を逃れてこの地に移住してきた外海(そとめ)のキリシタンの歴史を感じながら大明寺(だいみょうじ)教会堂を訪れました。

  • 2016.11.16

    深堀教会堂から菩提寺まで

    深堀(ふかほり)教会堂、深堀陣屋跡のアコウの木を訪ねたあとは、美しい水路に導かれるように深堀のまちをぶらり。どこをどう歩いてきたのかは定かではないけれど、たどりついたのは由緒ある菩提寺(ぼだいじ)でした。

  • 2016.11.9

    風情ある深堀地区を歩く

    善長谷(ぜんちょうだに)教会堂から向かったのは城下町のたたずまいがのこる深堀(ふかほり)地区。深堀神社、武家屋敷跡、風情ある通りを歩いて丘の上に建つ深堀教会堂をめざします。

  • 2016.11.2

    絶景の善長谷教会堂

    小ヶ倉(こがくら)教会堂からかつて深堀(ふかほり)氏の山城があった丘に建つ善長谷(ぜんちょうだに)教会堂へ。その歴史にふれ、絶景を楽しみ、神聖な空気に包まれたルルドを訪れました。

  • 2016.10.26

    大山教会堂から小ヶ倉教会堂へ

    うっそうとした竹林を抜けてたどり着いたのは、外海(そとめ)黒崎(くろさき)村のキリシタンが移住した集落にある大山(おおやま)教会堂。そこからさらに車を走らせ、住宅地にあるモダンな小ヶ倉(こがくら)教会堂を訪れました。

  • 2016.10.19

    鄭成功と川内かまぼこ

    宝亀(ほうき)教会堂から川内(かわち)地区へ。鄭成功(ていせいこう)記念館を訪れたあと、名物の川内かまぼこを買って千里ヶ浜(せんりがはま)に向かいます。平戸(ひらど)の海は美しく、陽差しを浴びてキラキラと輝いていました。

  • 2016.10.12

    心なごむ宝亀教会堂

    マタラ神父の墓がある田崎(たさき)の墓地から宝亀(ほうき)教会堂へ。メルヘンチックな外観とパステルカラーが印象的な堂内、そして建設当時からのこる貴重なステンドグラス・・・。宝亀教会堂の魅力を満喫しました。

  • 2016.10.5

    マタラ神父の足跡を訪ねる

    田崎愛苦会(あいくかい)跡地からさらに山道を車で走り、平戸(ひらど)ふれあいバスの田崎(たさき)公会堂前バス停へ。そこから歩いてマタラ神父が眠る小高い丘を訪れました。

  • 2016.9.28

    紐差教会堂から田崎愛苦会跡地へ

    根獅子(ねしこ)の浜から紐差(ひもさし)教会堂へ、そして紐差修道院の前身である田崎愛苦会(あいくかい)跡地を訪れました。森の中にのこる古い石垣やさびた金属製の扉が往時をしのばせます。

  • 2016.9.21

    根獅子にのこる言い伝え

    根獅子(ねしこ)教会跡、ルルドのマリア様、昇天石(しょうてんせき)など、根獅子にあるキリシタン関連史跡にはいくつもの言い伝えがのこされています。それは信仰を守り続けてきたキリシタンの里としてのあかしでもあるのです。

  • 2016.9.14

    ウシワキの森とチチャの木

    平戸(ひらど)市切支丹(きりしたん)資料館を出たあと、根獅子(ねしこ)の浜の昇天石(しょうてんせき)で殉教した人々の遺体をまつったウシワキの森へ。そして母子の悲しい殉教の物語が息づくチチャの木へ向かいました。

  • 2016.9.7

    平戸市切支丹資料館からスタート

    平戸(ひらど)市根獅子(ねしこ)地区にある平戸市切支丹(きりしたん)資料館。ここには平戸のキリスト教の歴史をはじめ、かくれキリシタンの信仰を物語る数多くの資料が展示されています。この日は夏休み期間中とあって家族連れの姿もありました。海水浴帰りかな。

  • 2016.8.31

    三ツ山教会堂と長与教会堂

    浦上(うらかみ)崩れが起きるたびに多くの殉教者を出した三ツ山(みつやま)地区。潜伏キリシタンの歴史が息づく山間の地を訪れたあと、長崎(ながさき)市のベッドタウンにある長与(ながよ)教会堂をめざします。

  • 2016.8.24

    二つの殉教地を訪ねて

    時津(とぎつ)町の日本二十六聖人上陸の地から鷹島(たかしま)殉教地へ。さらに長与(ながよ)町を通って長崎(ながさき)市川平(かわびら)町の「千茶ノ木橋(ちちゃのきはし)」下の難河原(なんごら)殉教地を訪れました。

  • 2016.8.17

    二十六聖人が上陸した時津港

    鉄工所の頑丈な建物を生かしてつくられた時津(とぎつ)教会堂から、長崎(ながさき)空港までの定期便が就航している時津港へ。波穏やかな大村(おおむら)湾を眺めながら日本二十六聖人がたどった殉教の道を改めて心に刻みました。

  • 2016.8.10

    「じんざえもん焼」を味わって時津教会堂へ

    農産物から民芸品、実用品まで多彩な商品が揃った農産直売所を訪れ、「じんざえもん焼」というおいしい回転焼を味わい、時津(とぎつ)教会堂に向かいました。

  • 2016.8.3

    長崎甚左衛門純景の墓

    長崎(ながさき)開港時の長崎領主で、主君大村純忠(おおむらすみただ)とともに横瀬浦(よこせうら)で洗礼を受けた長崎甚左衛門純景(ながさきじんざえもんすみかげ)。彼はなぜこの地で亡くなったのだろうか。その数奇な人生に想いを馳せながら墓地を訪れました。

  • 2016.7.27

    キリシタンをまつった枯松神社

    遠藤周作(えんどうしゅうさく)文学館から車を走らせ、映画「母と暮らせば」のロケが行われた黒崎(くろさき)教会へ。そこから外海(そとめ)総合公園の上にある枯松(かれまつ)神社に向かいました。途中にあった祈りの岩がとても印象的でした。

  • 2016.7.20

    角力灘の美しい風景を満喫

    野道(のみち)共同墓地から道の駅に立ち寄って「ド・ロさまそうめん」を購入。文学館で遠藤周作(えんどうしゅうさく)の足跡をたどり、しばし時間を忘れて角力灘(すもうなだ)の素晴らしい景色を堪能したのでした。

  • 2016.7.13

    ド・ロ神父が眠る野道共同墓地

    バスチャン屋敷跡から車で南下して野道(のみち)共同墓地へ。約10年をかけて造られた急斜面の墓地の一角に眠るド・ロ神父。地元の自然石を使用した階段を登って大きな十字架のある場所まで向かいます。

  • 2016.7.6

    伝説の日本人伝道師バスチャン

    大野(おおの)教会堂から駐車場に戻って車に乗り、ド・ロ神父がつくった大平(おおだいら)作業場跡へ。さらに静かな山林にひっそりと建てられたバスチャン屋敷跡を訪れます。

  • 2016.6.29

    石積みが美しい大野教会堂

    国道から少し入ったところにある専用駐車場に車を止め、階段を登っていくと、
    木造と石造り、日本と西洋が混在した素朴な教会堂が見えてくる。それがド・ロ神父が私財を投じ、信徒とともに建てた大野(おおの)教会堂。

  • 2016.6.22

    人々の暮らしを支えた旧出津救助院

    ド・ロ神父記念館から旧出津(しつ)救助院、長崎(ながさき)市外海(そとめ)歴史民俗資料館へ。外海地方の人々を救済したド・ロ神父の偉業や、かくれキリシタンの歴史に出会います。

  • 2016.6.15

    出津教会堂からド・ロ神父記念館

    緑豊かな山あいにあって圧倒的な存在感を放つ出津(しつ)教会堂をあとに、丘陵地帯に設けられた歴史の道を歩いてド・ロ神父記念館へ。神父の足跡を訪ねます。

  • 2016.6.8

    石積み文化にふれながら出津教会堂へ

    専用駐車場の整備や標識の設置など、訪れる人々を迎える体制が進む長崎市外海(そとめ)町。歴史ある石積み文化にふれながら、まず出津(しつ)教会堂を訪れました。

  • 2016.6.1

    キリシタン墓碑から川棚教会堂

    常在寺(じょうざいじ)の墓地のさらに奥にある川棚(かわたな)町キリシタン墓碑を訪れたあと、戦後、海軍工廠(こうしょう)の払い下げを受けてつくられた川棚教会堂に向かいました。川棚町はキリシタンの史跡だけではなく、戦争の歴史が色濃くのこる町でした。

  • 2016.5.25

    川棚町キリシタン墓碑へ

    東彼杵(ひがしそのぎ)町から川棚(かわたな)町へ。常在寺(じょうざいじ)の水琴窟(すいきんくつ)の美しい音色を聞いたあと、参道を通ってキリシタン墓碑をめざします。たよりは目的地までの距離を示した案内板。果たしてどんなところに墓碑はあるのでしょうか。

  • 2016.5.18

    古い建物を活かす東彼杵のまちづくり

    キリシタン墓碑の近くにあったおしゃれなコミュニティスペース、そしてレトロなたたずまいを活かした千綿(ちわた)駅の新たな取り組み。古いものと新しいものが交差する東彼杵(ひがしそのぎ)町の「今」にふれたような気がしました。

  • 2016.5.11

    季節を告げる緑の茶畑

    日本二十六聖人乗船場跡から大村(おおむら)湾を一望する茶畑へ。産地ならではのおいしいお茶を味わい、緑豊かなすばらしい風景を堪能しました。

  • 2016.5.4

    日本二十六聖人の足跡を訪ねて

    東彼杵(ひがしそのぎ)町の観光・物産の拠点、彼杵の荘(しょう)から日本二十六聖人乗船場跡へ。長崎(ながさき)街道の彼杵宿として栄えた町に残る殉教者の足跡を訪ねます。

  • 2016.4.27

    二つのキリシタン史跡を訪ねて

    西海橋(さいかいばし)公園から車を走らせ、二つのキリシタン史跡へ。ひとつは迷ってしまい、遠くから眺めることに。もうひとつは道しるべのおかげでスムーズに到着。ぶらり旅はうまくいったりいかなかったり・・・。

  • 2016.4.20

    横瀬浦から西海橋公園へ

    上町(うわまち)跡・下町(したまち)跡から長崎甚左衛門純景(ながさきじんざえもんすみかげ)居宅跡へ、そして思案橋(しあんばし)跡、丸山(まるやま)跡と南蛮貿易港時代の横瀬浦(よこせうら)を堪能したあとは、うず潮の季節を迎える西海橋(さいかいばし)...

  • 2016.4.13

    南蛮船来航の地、そして上町跡・下町跡

    八ノ子島(はちのこじま)が見える防波堤から港沿いに車を走らせ、南蛮船来航の地へ。貿易港として繁栄した時代に想いをはせながら、静かな上町(うわまち)跡、下町(したまち)跡をめぐりました。

  • 2016.4.6

    横瀬浦公園から八ノ子島へ

    横瀬浦(よこせうら)公園から車で岬のほうに移動。西海(さいかい)市の人気のスポット、船番所(ふなばんしょ)で昼食をいただいたあと出会ったのは白い十字架が立つ八ノ子島(はちのこじま)でした。

  • 2016.3.30

    繁栄の歴史を物語る横瀬浦公園

    横瀬浦(よこせうら)が南蛮貿易港として繁栄したのは開港からわずか1年あまり。まちを見おろす小高い丘にはその歴史が今も息づいています。

  • 2016.3.23

    南蛮船来航の地、西海市横瀬浦

    西海(さいかい)市の情報発信地であるみかんドームを皮切りに、地元ならではの特産品直売所やお菓子屋さんに立ち寄り、南蛮船来航の地となった横瀬浦(よこせうら)をめざします。

  • 2016.3.16

    見つからなかったキリシタン墓碑

    岳(たけ)教会堂をあとにして最後の目的地、柿泊(かきどまり)のキリシタン墓碑へ。目印となる神社が見つからず、交番で場所を教えてもらい行ってはみたものの、結局キリシタン墓碑は見つからず断念したのでした。

  • 2016.3.9

    二つの小さな教会堂

    神ノ島(かみのしま)教会堂から北上して次の目的地へ。長崎が開港する前の1565年にポルトガル船が入港した福田(ふくだ)方面に向かい、二つの小さな教会堂を訪れました。

  • 2016.3.2

    岬に建つ白い教会

    木鉢(きばち)教会堂から海沿いに車を走らせて神ノ島(かみのしま)教会堂へ。教会下の岩の上には航行する船舶の安全を見守る「岬の聖母」の姿がありました。

  • 2016.2.24

    飽ノ浦教会堂から木鉢教会堂へ

    造船のまちに建つ飽ノ浦(あくのうら)教会堂から見えるのは世界遺産に登録されたクレーン。建造中の大型客船を左手に眺めながら小瀬戸(こせど)町の小高い丘に建つ木鉢(きばち)教会堂を訪れました。

  • 2016.2.17

    稲佐教会堂界隈を歩く

    淵(ふち)神社から稲佐(いなさ)教会堂へ。坂のまちならではの風景を楽しみ、昔ながらの商店街を歩き、心なごむひとときを過ごしました。

  • 2016.2.10

    桑姫物語

    キリシタン大名大友宗麟(おおともそうりん)の孫娘をまつっている桑姫(くわひめ)神社。桑を植えて蚕を飼い、地元の女性たちに糸の紡ぎ方を教えたという一人の女性の物語が息づいています。

  • 2016.2.3

    淵神社でおみくじ

    数多くのキリスト教関連遺跡がある長崎市。そのなかでも珍しいのがキリシタンをまつった神社。今回はその桑姫(くわひめ)様ゆかりの淵(ふち)神社を訪れました。

  • 2016.1.27

    晩秋の野田浜海岸

    岩戸山(いわとやま)から野田浜海岸へ。そして松林の散策道を歩いて砂原(さはら)キリシタン墓碑を訪れました。晩秋の海の風景も心にのこりました。

  • 2016.1.20

    中途半端に岩戸山

    須崎(すざき)キリシタン墓碑から岩戸山(いわとやま)へ。軽い気持ちで訪れたものの、そこはかつて観音道場があった霊地。「ありがたいやら怖いやら」で登山の途中、いや、山の入口で失礼することになったのでした。

  • 2016.1.13

    口之津から加津佐へ

    口之津町(くちのつちょう)の南蛮船来航の地から加津佐町(かづさちょう)に向かい、いつものように(?)あちこち迷いながら目的地へ。それにしてもキリスト教文化の繁栄の陰にいろんなドラマがあったんですね。

  • 2016.1.6

    キリシタンのまちは南蛮貿易の拠点

    おいしい昼食のあとは、美しい海岸のそばにあるキリシタン墓碑を訪れ、南蛮船来航の地へ。口之津ならでは歴史を堪能しました。

  • 2015.12.23

    船の安全を見守った二つの灯台

    口之津(くちのつ)教会跡を訪れたあと、車を海岸沿いに走らせ、船舶の安全な航海を見守った口之津灯台、瀬詰崎(せづめざき)灯台を訪れました。

  • 2015.12.16

    口之津の歴史にふれる

    口之津(くちのつ)歴史民俗資料館・海の資料館を訪れ、港とともに繁栄してきたまちの歴史を知り、美しい風景を楽しみながら史跡をめぐります。

  • 2015.12.9

    原城跡を堪能する

    西有家町(にしありえちょう)から南有馬町(みなみありまちょう)に入って原城(はらじょう)跡へ。ずいぶん昔に出場したロードレースのことを思い出しながらめぐった広大な城跡——そこは農業を営む人々の暮らしの場でもあったのです。

  • 2015.12.2

    吉利支丹墓碑を訪ねる

    有家(ありえ)セミナリヨ跡から南島原市役所横の道を通って須川(すかわ)共同墓地へ。その途中にあのプロ野球選手の母校がありました。

  • 2015.11.25

    おみこしとセミナリヨ

    有家(ありえ)キリシタン史跡公園から坂道を下りていくと温泉(おんせん)神社がある。この日はちょうど秋のお祭り。行列をすり抜けてセミナリヨ跡を訪れたのでした。

  • 2015.11.18

    味わい深い史跡めぐり

    人気の店で昼食をとって布津町(ふつちょう)から有家町(ありえちょう)へ。秋の南島原を満喫しながら有家キリシタン史跡公園に向かいます。

  • 2015.11.11

    南有馬町から布津町へ

    有馬(ありま)キリシタン遺産記念館で学び、布津(ふつ)キリシタン墓碑へ。さぁ、秋の南島原市を走る快適なドライブで史跡めぐりをスタート!

  • 2015.11.4

    本河内ルルドをめざす

    聖コルベ記念館を出て、聖母の騎士学園の横の坂道を上っていくと、緑に囲まれた本河内(ほんごうち)ルルドにたどりつく。ここは教皇ヨハネ・パウロ2世が訪れたバチカン指定公式巡礼地である。

  • 2015.10.28

    コルベ神父の足跡を訪ねて

    1986年(昭和61年)、コルベ神父が聖人に列せられたのを記念に作られた聖コルベ記念館。人間愛にあふれたこの空間で偉大なる神父の足跡をたどります。

  • 2015.10.21

    本河内教会から聖コルベ記念館へ

    長崎市本河内(ほんごうち)の番所(ばんしょ)バス停から本河内教会、聖コルベ記念館へ。彦山(ひこさん)の斜面につくられた施設だけに気合いを入れて階段を上ります。

  • 2015.10.14

    原爆の惨状を知る

    浦上(うらかみ)天主堂の惨状、原子野と化した長崎の街、熱線や爆風、放射能による被害・・・。小学生の頃の平和学習を思い出しながらあらためて被爆の実相にふれました。

  • 2015.10.7

    祈りのゾーンをめぐる

    平和公園から原爆落下中心地を訪れ、長崎原爆資料館へ。原爆の凄惨(せいさん)さと平和の尊さを実感しながら祈りのゾーンをめぐります。

  • 2015.9.30

    浦上教会から平和公園へ

    赤城(あかぎ)墓地から見える浦上(うらかみ)教会を訪れ、平和町商店街を通って平和公園へ。その途中でおいしいコーヒーが味わえる喫茶店を見つけました。

  • 2015.9.23

    赤城墓地から見えるのは・・・

    山里(やまざと)中学校の上にある赤城(あかぎ)墓地。十字架をあしらった墓石が並ぶ高台からは凛(りん)としてたたずむ浦上(うらかみ)教会が見えます。教会の方角を向いた十字架は信徒たちの永遠なる祈りのあかしなのかもしれません。

  • 2015.9.16

    広大なキリシタン墓地

    浦上(うらかみ)養育院を訪れたあと、こうらんばキリシタン墓地へ。その広大な敷地には浦上の人々のために愛をささげた岩永(いわなが)マキ、高木仙右衛門(たかぎせんえもん)の墓がありました。

  • 2015.9.9

    聖ヨゼフ堂跡をめざす

    十字架山(じゅうじかやま)の山頂から坂道を下りて大通りを歩き、聖フランシスコ病院前バス停の手前から路地に入り、聖ヨゼフ堂跡に向かいます。

  • 2015.9.2

    十字架山に登る

    一本木山(いっぽんぎやま)から大通りに出て平の下バス停に向かい、秘密教会跡を訪れたあとは坂道を上って十字架山(じゅうじかやま)をめざします。

  • 2015.8.26

    一本木山を散策する

    少し汗ばんだ肌にひんやりとした森の空気を感じながら山頂へ。最後のレリーフのそばには、木々の緑に抱かれるように十字架にかけられたキリスト像が建っていました。

  • 2015.8.19

    本原教会をたずねる

    久しぶりに路線バスに乗って三原(みはら)地区へ。このあたりは斜面地に家々が建ち並ぶ長崎らしいまちなみが広がっています。今回は、信徒さんの多くが浦上(うらかみ)四番崩れの生存者の子孫の方という本原(もとはら)教会堂を訪れました。

  • 2015.8.12

    田ノ浦港から奥浦港へ

    牢屋(ろうや)の窄(さこ)殉教地から浜脇(はまわき)教会を訪れたあと、海上タクシーで田ノ浦(たのうら)港から奥浦(おくうら)港へ。今回のぶらり旅の締めくくりは浦頭(うらがしら)教会でした。

  • 2015.8.5

    殉教地に描かれた椿

    旧五輪(ごりん)教会から風情のある蕨(わらび)地区を通って、五島(ごとう)崩れの発端の地、牢屋(ろうや)の窄(さこ)殉教地へ。悲しい歴史を物語る場所には椿(つばき)が描かれた石のオブジェがありました。

  • 2015.7.29

    聖堂に流れる静かな時間

    山道を10分ほど歩くと、旧五輪(ごりん)教会が見えてきます。古い学び舎を思わせる素朴な聖堂で海の音を聞きながら、しばし静かな時間を過ごします。

  • 2015.7.22

    久賀島へ上陸

    三井楽(みいらく)町から奥浦(おくうら)港に向い、海上タクシーで久賀島(ひさかじま)田ノ浦(たのうら)港へ。そこからタクシーに乗って島を走り、さらに山道を歩いて旧五輪(ごりん)教会をめざします。

  • 2015.7.15

    美しい五島を感じる

    貝津(かいつ)教会から井持浦(いもちうら)教会を訪れ、日本初のルルドを見学し、高浜(たかはま)海水浴場、頓泊(とんとまり)海水浴場を見おろす丘へ。美しい五島(ごとう)を感じる旅が続きます。

  • 2015.7.8

    地域らしさが息づく二つの教会

    地元の皆さんが6年かけて制作した三井楽(みいらく)教会のステンドグラス。隣接する雑木林から木材を切り出してつくった貝津(かいつ)教会。地域らしさが息づく二つの祈りの場をめぐります。

  • 2015.7.1

    福江港から三井楽教会へ

    長崎(ながさき)港から高速船で五島(ごとう)列島福江(ふくえ)島へ。おいしいラーメンを味わったあと、ステンドグラス工房に立ち寄り、三井楽(みいらく)教会を訪れました。

  • 2015.6.24

    野崎集落跡を探訪する

    旧野首(のくび)教会から野崎(のざき)集落跡へ。廃村になった集落跡、神官屋敷跡を訪ねたあと、自生する芝生(しばふ)におおわれた草原で出会ったのは野生シカと集落の人々のお墓でした。

  • 2015.6.17

    野首集落跡にもどる

    舟森(ふなもり)集落跡を散策したあと、急な斜面をのぼって里道へ。行きとは反対にくだりが多いので助かりました。やがて見えてきたのは野首(のくび)海岸、そして旧野首教会。

  • 2015.6.10

    舟森集落跡を散策する

    足元に気をつけながら急な斜面をおりて舟森(ふなもり)集落跡を散策。小学校の分校跡、教会跡、炊事場跡やさまざまな品々・・・。50年前の暮らしが想像とともによみがえってきます。

  • 2015.6.3

    野首集落跡から舟森集落跡まで

    旧野首(のくび)教会から険しい山道に入り、のぼりが続く里道をひたすら歩く。息を切らしながら、道しるべに助けられながら約1時間30分、ようやく舟森(ふなもり)集落跡に到着しました。

  • 2015.5.27

    海をわたり野崎島へ

    笛吹(ふえふき)港から町営船で野崎(のざき)島へ。野崎港から集落跡を通って山道を歩いて行くと、階段状に連なる草原の向こうに、ひとり取り残されたように建つ煉瓦(れんが)造りの教会が見えてくる。旧野首(のくび)教会——その姿は美しくいとおしい。

  • 2015.5.20

    まち歩きを楽しみ、古民家でくつろぐ

    小値賀(おぢか)歴史民俗資料館で野崎(のざき)島のキリシタンの歴史を学び、まち歩きを楽しんだあとは、古民家でゆっくりとくつろぐ。明日は野崎島へ。旧野首(のくび)教会、舟森(ふなもり)集落跡を訪れます。

  • 2015.5.13

    神島神社、唐見崎をめぐる

    小値賀(おぢか)教会から東へ向かい、700年代に造られたといわれている神島(こうじま)神社、さらに足を伸ばして唐見崎(からみざき)へ。受け継がれてきた島の歴史と文化を堪能しました。

  • 2015.5.6

    斑島から小値賀教会へ

    佐世保(させぼ)港からフェリーで小値賀(おぢか)島へ。火山でできた島ならではの美しい風景と独自の生活文化にふれながら小値賀教会に向かいます。

  • 2015.4.29

    迫害の歴史をたずねて

    放虎原殉教地から妻子別れの石へ。道に迷いながらも続く史跡めぐり。キリシタン弾圧の壮絶で悲しい歴史が胸に迫ってくる。

  • 2015.4.22

    迷いながら殉教地へ

    大村家の墓所がある本経寺を訪れたあとは、道に迷いながら行ったり来たり・・・。ようやく獄門所跡、放虎原殉教地へたどり着きました。ふーっ!

  • 2015.4.15

    歩いたあとの楽しみは・・・

    富松神社から三城城跡、宝生寺跡をめぐり、また踏み切りを越えてバスターミナルビルの前に。歩いたあとの楽しみはやはりおいしい昼ごはんでした。

  • 2015.4.8

    城下町の歴史を感じる

    なんとなく歩きはじめたものの、気が付けば線路を越えてお寺や神社をめぐることに。初めて訪れた格式あるそのたたずまい・・・。城下町ならではの歴史が息づいています。

  • 2015.4.1

    史料館からはじまる大村散策

    少しずつ春の訪れを感じる季節。ゆるやかな陽射しに誘われて大村市にやってきました。今回ものんびりとまちなみを楽しみながら、ぶらり旅がはじまります。

  • 2015.3.25

    マリア園をめざして

    ひとつ道を間違えるとこんなことに! 目の前に立ちふさがる急な坂道を上り、息を切らしながら目的地のマリア園へ。

  • 2015.3.18

    大浦教会

    大浦天主堂を訪れる観光客が多くなったことから、1975年、信徒の祈りの場として建てられた大浦教会。静かにドアを開けて、さぁ堂内へ。

  • 2015.3.11

    旧羅典神学校と旧大司教館

    キリスト教禁教下、秘密の仮聖堂で神学生の教育を行ったという旧大司教館、そして禁教令撤廃後、日本人聖職者を養成するために建てられた旧羅典(らてん)神学校。大浦天主堂に隣接する歴史ある二つの建物へ。

  • 2015.3.4

    信徒発見の舞台へ

    2015年は、世界宗教史上の奇跡ともいわれる「信徒発見」から150周年という記念すべき年。今回はその舞台となった大浦天主堂を訪ねるぶらり旅。歴史を感じながら階段を一歩一歩上っていきます。

  • 2015.2.25

    大浦天主堂の背中を見る

    路地や坂道が多い長崎は、歩くコースによっていろいろな風景に出会うことができます。定番コースもいいけれど、今回は斜行エレベーターにのって大浦(おおうら)天主堂の「背中」を見てみましょう。

  • 2015.2.18

    平戸口で旬を味わう

    殉教地「焼罪」を訪れたあと、たくさんの食堂が軒を連ねる平戸口へ。新鮮な食材が揃った平戸瀬戸市場でお土産を買って、冬の海を眺めながら旬のグルメを楽しみました。

  • 2015.2.11

    笑顔の漁師まち

    じっくり歩いてみると、舘浦はほんとうに興味深い。風情あるまちなみや、心やすらぐ風景もそうだが、行き交うお年寄りの笑顔がとても印象的。海から吹く風は冷たくても、通りは温かな人情にあふれています。

  • 2015.2.4

    迷いながら舘浦あるき

    路地から路地へ歩いていくと、昭和の時代を感じさせる懐かしい通りが現れます。角を曲がれば、お寺があったり、大きな観音様がそびえていたり・・・。漁師まちは出会いがいっぱい。なんだか気持ちがゆったりとしてきます。

  • 2015.1.28

    ガスパル様から山田教会、焼山へ

    大きな十字架がそびえる黒瀬の辻、そのそばにある殉教地ガスパル様、ガスパル様の松で作った十字架がある山田教会、そして殉教地焼山へ。生月の生活文化にふれながら心の旅は続きます。

  • 2015.1.21

    ダンジク様の物語

    「行きはヨイヨイ、帰りはコワイ」とはこのことでした。海岸沿いにある殉教地までは「急激」とは言っても下り坂。帰りはその逆だから、とにかく登る登る、また登る。息は切れるし、足は上がらない。つくづく年齢を感じた旅でした。でも、訪れてよかった・・・。

  • 2015.1.14

    「島の館」で生月を知る

    史跡めぐり、まち歩きの前に立ち寄っていただきたいのが平戸市生月(いきつき)町博物館「島の館」。捕鯨やかくれキリシタンの歴史、島の農業や漁業の姿など、生月の魅力にふれてまちに繰り出せば、楽しさ倍増です!

  • 2015.1.7

    聖フィリッポ教会から本蓮寺へ

    ガウディのスタイルを取り入れた聖フィリッポ教会の造形美を堪能したあとは、かつてハンセン病の病院とフランシスコ会の教会があった本蓮寺へ。勝海舟がここに滞在し、ある娘と恋に落ちたという話も残っていますよ。

  • 2014.12.24

    聖なる西坂の丘

    これまで何度も訪れている日本二十六聖人殉教地。記念碑の素晴らしさは皆さんもよくご存知だと思いますが、今回はその裏にあるもうひとつの作品、そして記念館の展示品に目を奪われてしまったのでした。

  • 2014.12.17

    味わい深いね、﨑津集落

    初めて訪れたのにどこか懐かしい﨑津集落。歴史ある教会や神社、趣のある家々が軒を連ねる風情ある通り・・・。きっとまた来るんだろうなぁ。そう予感させる魅力ある漁村の旅です。

  • 2014.12.10

    大江でミカンジュース

    熊本県天草市天草町大江は、かくれキリシタンの里。その歴史と文化を伝えるロザリオ館、大江教会、コレジヨ館をめぐる旅で、こんな素朴で飾らない飲み物にも出会いました。

  • 2014.12.3

    下田温泉でゆったり

    昭和の懐かしい風情漂う下田温泉。ここを拠点に大江教会や﨑津教会堂、天草ロザリオ館などを周遊バスでめぐるコースもあります。天草灘に沈む美しい夕陽も下田温泉ならではの魅力。ゆったりのんびり、心をいやす旅をお楽しみください。

  • 2014.11.26

    天草ありあけタコ街道、恐るべし

    天草にはキリシタンの遺物を個人で収集・展示している資料館があります。そのそばには大きなタコのモニュメントが! そして目の前の国道34号線は「天草ありあけタコ街道」! 干しダコあり、大きなタコ焼きあり、タコづくしの旅です。

  • 2014.11.19

    正覚寺での出来事

    キリシタンの布教活動の拠点だった南蛮寺。正覚寺にはその存在を裏付けるキリシタン墓碑が安置されています。墓碑に描かれた十字架、御堂のそばに立つ珍しい樹木、往時に思いを馳せながら静かな境内を歩いていると・・・!!!

  • 2014.11.12

    天草市本渡町あたり

    天草では「天草・島原の乱」という記載が多い「島原・天草の乱」。旬の魚がいっぱいのった海鮮丼に本場の「くまモン」、二人乗り電気自動車や歴史ある石橋など、天草のぶらり旅は出会いと発見の連続!

  • 2014.11.5

    山王神社から坂本国際墓地へ

    一本柱鳥居や被爆クスノキで知られる山王神社は、その昔は子どもたちの遊び場。秋には浦上くんちが行われ、地元の人たちで賑わいます。そこから5分ほど歩くと異国情緒あふれる坂本国際墓地。さて、誰のお墓があるのでしょうか。

  • 2014.10.29

    坂本3丁目界隈

    久しぶりに訪れた母校、坂本小学校。小学生の頃は知らなかった共同墓地を訪れ、キリシタン墓碑を探すこと40分。あきらめて引き返そうとしたとき、ついに発見!昔と変わらない地元の人とのふれあいも楽しいね。

  • 2014.10.22

    如己堂から橋口町、大橋町へ

    浦上教会から少し足を伸ばせば、永井隆博士ゆかりの如己堂や、あまり知られていない秘密教会跡など、興味深いスポットもあります。青春時代を過ごしたまちで時の移り変わりを感じながら、ちょっとしみじみとした散策でした。

  • 2014.10.15

    浦上教会

    知っていそうで意外と知らない浦上教会のこと。ゆっくり時間をかけてめぐれば、初めて出会う不思議なものもいろいろ。何よりも心がおだやかになる・・・その澄み切った静かな空間も魅力です。

トップ