おらしょ こころ旅

登録資産をさがす(エリア別)(fr)

島原・天草

南島原市、天草市、上天草市、苓北町の登録資産の一覧です。

世界文化遺産

原城跡

長崎県島原半島南部の海に突き出た丘陵を利用した城跡である。【登録資産グループ/原城跡】

島原・天草

﨑津諏訪神社

大漁、海上安全祈願のため、1647年に創建されたとされ、境内には1685年銘の鳥居が現存するなど、当初の境内の配置が現在ものこっている。【登録資産グループ/天草の﨑津集落】

島原・天草

﨑津教会

キリスト教解禁直後に﨑津の大工によって最初の木造教会堂が建設されたのち、ハルブ神父の指導のもと、現教会堂が鉄川与助の設計・施工により1934年に建てられた。【登録資産グループ/天草の﨑津集落】

島原・天草

初代﨑津教会堂跡

明治時代のキリスト教解禁後、1888年に最初に建てられたカトリック教会堂の跡地。禁教期に信者が祈りを唱えていた﨑津諏訪神社の隣接地に所在。1934年の現﨑津教会への移転までの間、信仰のよりどころとなった。現在は石垣や、昭和30年代に建築された修道院の建物が残っている。

島原・天草

おすすめスポット

博物館・資料館

よりみちスポット

トップ