おらしょ こころ旅

登録資産をさがす(エリア別)(fr)

長崎

長崎市、時津町の登録資産の一覧です。

世界文化遺産

出津教会堂

19世紀の開国にともない来日したパリ外国宣教会のプティジャン神父は、1865年3月の大浦天主堂における「信徒発見」の後、同年9月に外海地方に赴き、多くの潜伏キリシタンと接触した。【登録資産グループ/外海の出津集落】

長崎

旧出津救助院鰯網工場(ド・ロ神父記念館)

1885年、旧出津救助院の向かい側に建設された木骨煉瓦平屋造りの建物。【登録資産グループ/外海の出津集落】

長崎

旧出津救助院

ド・ロ神父が地域の女性たちの自立を支援するため、1883年に建設した授産施設である。【登録資産グループ/外海の出津集落】

長崎

大浦天主堂

フューレ神父とプティジャン神父の設計により1864年に建設された教会堂である。【登録資産グループ/大浦天主堂】

長崎

旧羅典神学校

フランス人宣教師ド・ロ神父の設計により、1875年に建設された司祭養成のための学校である。【登録資産グループ/大浦天主堂】

長崎

旧長崎大司教館

ド・ロ神父の設計、鉄川与助の施工管理で1915年に建設された。

長崎

大野教会堂

西彼杵半島西岸の外海地方にある教会堂。大野周辺の26戸の信徒世帯のために出津教会堂の巡回教会として、1893年にド・ロ神父によって建てられたものである。【構成資産グループ/外海の大野集落】

長崎

潜伏キリシタンの墓地(出津集落)

出津集落には、小田平墓地、菖蒲田墓地、野中墓地、畑杭墓地があり、1862年に絵図により墓地がそれぞれのコミュニティことに作られたことがわかる。

長崎

辻神社

大野集落内にある3つの神社うちの一つ。

長崎

門神社

大野集落内にある3つの神社うちの一つ。

長崎

潜伏キリシタンの墓地(大野集落)

大野集落の住民は共同墓地に埋葬していましたが、解禁後に表立ってカトリックの復帰を表明したものは、庄屋や役人に共同墓地への埋葬を認めてもらえず、集落から離れたこの場所に埋葬された。

長崎

出津代官所跡・庄屋屋敷跡

禁教期に出津集落を管轄した出津代官所と庄屋の屋敷跡があった(旧出津救助院の敷地内)。

長崎

旧伝道師学校

この学校は、1883年に日本人伝道師の養成のために建てられた。

長崎

大野神社

 大野集落内にある3つの神社うちの一つで、集落全体の守り神として最も社格が高く、代々庄屋が神主を務めていた。

長崎

小濱浦

 大浦天主堂での「信徒発見」から半年後、プティジャン神父がひそかに船で外海地域を訪れた際、最初に上陸した浜辺である。

長崎

聖画像(聖ミカエル図)を所有していた屋敷跡

禁教期初期に描かれた聖画「聖ミカエル図」を密かに所持していた潜伏キリシタンの屋敷跡地。

長崎

「仮の聖堂」跡

 1873年のキリスト教の解禁直後、来日したペルー神父が信徒の所有地に建てた「仮の聖堂」の跡地である。

長崎

おすすめスポット

博物館・資料館

よりみちスポット

トップ